第13話 阿蘇忠助という男

 曽根崎さんは、車を持っていない。だから、こういう時に困る。

 事務所の外に出た僕らは、さてどこへ逃げようか途方に暮れてしまっていた。


「タクシー使います?」

「いや、もっと早く逃げたい」

「どうするんですか」


 曽根崎さんは、スマホを取り出した。そして、慣れた手つきで電話をかけ始める。


「……あ、忠助? うん、助けてくれ。ヤバイことになった。……うん、事務所」


 忠助?誰だ?

 電話の向こうから、怒鳴るような声が聞こえる。


「ウーウー鳴らして来てくれていいぞ。ある意味正しいから」


 曽根崎さんは、ちゃっかりスマホから耳を離している。こういう所、不誠実だよな。


「よし、ちょうど近くにいるらしい。心配して巡回してくれてたっぽいな」


 電話を切り、なんだかにこやかにしている。なんだなんだ。警察の人か?

 疑問をぶつける前に、道路の向こうからパトランプを鳴らしたパトカーが、ものすごい勢いで走ってくるのが見えた。


「景清君。私達は、今からあれで逃げる」


 唖然とする僕に、曽根崎さんは機嫌よくパトカーを指差す。


「中に乗っているのが、今回の依頼主だ」


 言う間に、僕らの目の前で止まったパトカーから男の人が出てきて、曽根崎さんを張り倒した。状況が全く飲み込めない僕に彼は一礼すると、車に乗るよう手招きする。

 そして、あれよあれよという間に、僕らは事務所から逃げることに成功したのであった。






「パトカーを私的に使うなって、こないだあれほど言っただろ!」


 運転席に座る男の人が、険しい顔で前を睨んだまま曽根崎さんを説教する。ガタイが良く、警察帽の下から覗く目は恐ろしく鋭い。街中で出くわしたら、この人が何も言わなくても僕は財布ごと置いて逃げ去るだろう。推測するに、この人が忠助さんだ。

 対する曽根崎さんは、そんな怒りなどどこ吹く風である。


「でも君だって、私の為に一人でパトカー待機させといてくれてたじゃないか」

「俺一人に任されたんだよ! これは曽根崎案件だから、目ぇつけとけって上司に!」

「話のわかる上司を持ったな」

「うるせぇほんとウゼェ」


 口の悪い警察官である。でも、正論しか言ってない。素行は乱暴だけど、中身は結構常識的な人なんじゃないかと僕は思った。

 それにしても、この声どこかで……。


「あ」


 思い当たった。


「あなた、僕の家が荒らされた時に連絡くれた人ですよね」


 僕の言葉に、おう、と警察官は男らしく答えた。


「こいつの世話ついでに部屋荒らされて、災難だったな」

「はい、まあ」

「無理してついてかなくてもいいんだぜ。何ならやめちまえばいい」

「金払いがいいもんだから、つい」

「金拾う手を怪我したくなけりゃ、引っ込めるのも大事だ。人生長ぇんだから」


 言葉尻は荒いが、その声色には心配するような気遣いが見て取れる。多分、この人は世話焼きだ。


「えーと……」

「阿蘇忠助(あそただすけ)」

「阿蘇さんは、曽根崎さんのお友達か何かですか?」


 僕の質問に、阿蘇さんは苦々しい顔をした。


「なおタチの悪いやつだ」

「タチの悪い?」

「うん」


 信号で車が停まる。阿蘇さんは、僕を振り返って言った。


「これ、俺の、兄」


 ん?

 んんんんん?


「とはいっても、腹違いのな」

「そうそう、母親が違う」

「でも、なんやかんやあって一緒に暮らしてた時期もあって、その縁で時々飯を届けに行ってたんだ」

「一週間に四回くらいな」

「目を離すとすぐ死にそうになる兄さんの世話を焼いてたら、いつの間にか職場で“ キレ気味ナイチンゲール ”ってあだ名がついてた」

「仕方ないだろ。人間食べないと死ぬんだから」

「だから食べろっつってんだろ!頭おかしいのか!」


 車の運転さえしていなければ、頭を抱えていそうな嘆きっぷりである。苦労されたんだろうな。仲良くなれそうだ。

 それでもさっきよりはだいぶ落ち着いた阿蘇さんは、僕に声をかけてくれた。


「景清君の話は聞いてたよ。やっと金で解決してくれて、俺も安心したもんだ。今後もよろしく……と言いたいとこだけど、こんな状況じゃあな。無理すんなよ。困ったら俺を頼ってくれてもいいから」


 まさに、今である。こういう所が多分、曽根崎さんに付け込まれてるんだろうな、と感じずにはいられなかった。


「ありがとうございます」


 とはいえ、その優しさは嬉しかった。ここ最近、心が荒むような出来事が続いたからだ。いい人だなあ、阿蘇さん。


「早速頼りたいことがあるんだが」


 そんでこの人はどうしようもねぇな。


「兄さんには言ってねぇぞ。俺は景清君に言ってる」

「いいだろ。散々株を上げたんだから兄さんの言うこと聞いてくれたって」

「上げてねぇしその理屈もわからん」

「ちょっと買いたいものがあるんだ。ホームセンターに寄ってくれ」

「聞けよ」


 わかります、その人ほんと話聞かないんですよね。

 あ、でもそれなら……。


「すいません、阿蘇さん。僕も行きたい所があります」

「おう、どこでも連れてってやるよ」

「ちょっと待て景清君。別行動は危険だぞ」

「事情はわからねぇけど、俺もついといてやるから安心しろ、兄さん」

「頼もしいです」

「いや、私一人になるんだけど……」

「今までも一人だっただろ。乗り越えろ」

「曽根崎さん、後で迎えに来ますから、ちゃんとホームセンターで待っててくださいね」


 二対一で圧倒的に不利な曽根崎さんは、不満そうに口を尖らせて後部座席に沈んだ。


「……まあいい。ただし、決戦は今夜十時だ。それまで、しっかり準備をするんだぞ」

「聞いてませんが」

「今言ったからな」

「……つまり、その時間に、小指氏は現れると」

「そうだ」


 ――タイムリミットだ。僕は、この時そう感じた。――その時間に、僕か、曽根崎さんか、小指氏の命にタイムリミットが訪れる。

 大袈裟なのかもしれない。だけど、そう思ってしまったのだ。

 急に黙ってしまった僕に、曽根崎さんはこちらを見ることなく言う。


「……何なら、君は来なくていいんだぞ。これは私の仕事だ」

「……」

「むしろ、ここまでよく一緒にいてくれた。感謝してる」

「……」


 なぜ、僕がその選択をするのか、僕自身にすらわからない。

 もしかすると、曽根崎さんの言うところの、身を滅ぼすお人好しに所以するのかもしれない。

 だけど、知ってしまったなら、見て見ぬ振りなどできないではないか。


「行きますよ」


 佐谷田と、資料で見たホームレスと、小指氏と、老夫婦の姿が、脳裏を駆けていく。そして曽根崎さんの言う、“ 結界 ”。最後のオマケに、感情表現がぶっ壊れている曽根崎さんが、こちらに顔を向けない理由。それら全てが、ここで引いてしまえば、僕の中で澱みとなって残るだろう。

 僕は、曽根崎さんを真っ直ぐ見つめて、言った。


「だから、頑張って生き残りましょう」


 僕の一言に、曽根崎さんは振り返り、頷く。少し微笑んだようだ。そして、手を差し出した。

 その手を力一杯叩き、前を向いて阿蘇さんに行き先を告げる。

 三人が乗るパトカーは、二人分の思惑を乗せて制限速度ぴったりに走っていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます