あいみょんにはまる

 最近この「日記のようなエッセイ」が、本当に日記(ブログ)みたいになってきたなと感じております。


 さて、今日も今日とてブログを更新しますね笑


 最近あいみょんにはまっています。仕事中はずっと聴いているし、聴いてない時でも頭の中で回っています。なんなんでしょうか、あの耳に残る感じは。


 ちなみに小説や詩を書いている時、日本語の曲は意識を持っていかれちゃうのでNGです。ボサノバとかジャズとかを聞いています。

 どうでもいいですね、はい。


 あいみょんのどこがよいか、それはもう、全てです。衝撃的な歌詞も、曲調も、歌声も好きです。いい声してますよね、彼女。


 聴いたことのない人は(いないと思うけど)聴いてみてください。

 私のオススメは下記です。


・貴方解剖純愛歌 ~死ね~

 これはヤバイ歌詞にメジャーな曲調がとてもいいです。

 いつかカラオケで歌いたいです。(引かないメンバーの時に)


・君はロックを聞かない

 これは歌詞がどうしようもなく好きなのと、力んでないのに力強い歌声に惹かれます。


・愛を伝えたいだとか

 これはまず「だんだんソファに沈んでいくだけ」って表現にやられました。

 あとはたまに入るエレキギター?の音がいい感じです。


・満月の夜なら

 これはサビの歌詞が大好きです。たぶん、というか絶対、官能的な意味を持ってると思います。「溶かして 燃やして 潤してあげたい 次のステップは言わずもがなわかるでしょう」

 あー、いい!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます