19話〜ドラゴンマスターの伝説

 ハクリュウ達3人は、途中で荷馬車を手に入れ、ブラックレギオンにある革命派のアジトに急ぎ走らせた。


 グロウディスがふと思い出したように、


「そういえば、こう言う話は聞いた事あるか?」


 グロウディスはそう言うと2人を見てから、


「白き英雄、黒き覇王、灰色の守護者とは、丁度100年前に、この国を救い三つに分けた異世界の者につけられた称号なのだが。それよりも遥か昔には、この世界には国など存在しなかったらしい。ただ、種族同士が日々争いあってるだけだった。ある日争い事を好まなかった人々が3人の異世界の者を召喚した。そしてその異世界の者達は争いを止め国を作った。そして国民達はその3人を裁きの龍神と崇めた……そして称号として白き龍の王、黒き龍の王、銀色の龍の王と名付けたらしい。」


「龍が付くって事は、つまりドラゴンにまつわる何かを3人は持っていたという事なのか?」


「そういえば、その話は確か昔、私も聞いた事がありますが。あまり詳しくはないのです。」


「そうか。その3人は、ドラゴンを身体に宿していた。でも、最初からそれを扱えたわけではないらしい。そして、その能力をドラゴンマスターといい。ドラゴンの力を自由に扱え、その体内に宿しているドラゴンさえも操れるらしい。」


「そうなると、100年前に異世界から召喚された奴らにも、ドラゴンの証はあったのか?」


「ん〜、ドラゴンの力の証はなかったらしいが……。」


「確かに、前の異世界の者達にはなかったと聞きました。」


 ハクリュウは少し考えてから、


「あっ!俺にも何か証らしい物があるのか?」


「確か、証が出るのは3人が揃い、ある場所に行き神から力を授かり、始めて分かると聞いていますが。」


 ハクリュウは少しワクワクしてきていた。


 そしてハクリュウ達は、ブラックレギオンにある革命派のアジトに向かったのだった…。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます