1話〜白き英雄の旅立ち

 そして俺は、光と共にある女性の声で目が覚めた。


「……おき……て……下さい。」


 何故か目の前にエルフの女性がいた。


(……年は、んー見た目だけなら20代ぐらいかな?)


「やっとお目覚めになられましたね。」


 と、そのエルフの女性は言った。


 そしてハクリュウは起き上がり、ふと辺りを見渡してみた。


(ん?……。)


 そしてハクリュウは目を疑った。


(ここはどこだ、俺は何故祭壇に寝転んでいるんだろ?)


 そして、不思議そうにキョロキョロしていると、エルフの女性がまた話しかけてきた。


「良かった〜。召喚が成功したのですね。お身体などは大丈夫でしょうか?」


 エルフの女性にそう言われ、自分の姿と目の前のチラチラとしているゲーム時のコマンドとかステータスが気になり出した。


(?????えっと……俺は一体?それに何故ゲーム内の名前のハクリュウになってるんだ?というかここはどこだ!んー、それに何かゲーム的な感じになってるし……。)


 ハクリュウが不思議そうにしていると、エルフの女性は、


「いきなり召喚されて、困惑なされているのですね。私は召喚魔導師シエルと申します。そして私が今貴方様を異世界から召喚させていただきました。」


 俺は一瞬、頭の中が真っ白になった。


 そして我に返り。


「えーーーーー!!!」


 俺は叫んでしまった。


「そうですよね。いきなり召喚されたと言われても、驚きますよね。でも紛れもなく、私が貴方様を召喚させて頂きました。何の為にと、思われますよね。それは、貴方様に私たちの国を救って頂きたいのです。」


「ちょ、ちょっと待て、俺がこの国を救って。えっと……。」


「そうです。そのために貴方様を私が召喚したのです。白き英雄である貴方様を。」


 ハクリュウは困惑した。


「……白き英雄って、俺にそんな力があるのか?」


 そして、シエルは少し微笑み。


「はい、あるはずです。」


 ハクリュウは少し照れた。


「ふぅ、えっと、俺にそんな力があるなら試したいとは思う。んー、しかしなー……。」


「あっそうでした。貴方様のお名前を聞くのを忘れていました。」


「ん?あっ、ごめん。自己紹介がまだだったな。俺は、えっと……ハクリュウ。まだ何となく納得はいかないけど、とりあえず元の世界には帰れそうにないし、引き受けるしかなさそうだし、断る理由もない。ということでよろしく、シエル!」


 すると、シエルは今まで気をはっていたのか、急に力が抜けたように、地面にヘナヘナと座り込んだ。


「ありがとうございます。ハクリュウ様に断られたらどうしようと考えてしまいました。では、今から私達の国であるホワイトガーデンに、そして領主様の元に参りましょう。」


 そして、シエルはハクリュウの目の前に手を差し出した。


「ああ、行こうか!!」


 そして、ハクリュウはシエルと共に、この白き召喚の神殿からホワイトガーデンへと旅だった。


(まだ、ちゃんと納得はいってないけど。今はとりあえず様子見て行動。そして、納得はその後からすれば良い。それに、この国の領主にあってみないとだけど。んー、ただ何故ゲームのアバで召喚されてるんだ?まだその辺も理解出来てないけど。レベルもステータスも、そのままで召喚されてるし、良しとしないとかな。)


 そして、ハクリュウが色々と考えていると。


「どうかしましたか?」


「ああ、何でもないよ。とりあえず行こう。」


 そして、ここからハクリュウの新たな人生と旅は始まったのだった…。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます