【はち】慕彼論

1 2 3 4


いつからだろうか


こんなにも思いが


募っていったのは


砂漠を歩いて


いつしか砂に恋をするような


熱い何かが胸に溢れて


ダーツ盤に刺さって


溶けるような


もう一度あなたに


会ってみたいと今でも思うんだ


ランデブーのメッセージ


錆びた車輪が砂漠横切り


左手に抱えた金属の記憶


ここで登場ピンチヒッター


yeah 遊びに行こうか


白黒曖昧なあいつと共に


グラウンド囲う送電塔の上に


ブーゲンビリアが笑ってる


Yeah 結んで2人を


簡単な感情ばっか紡いでしまった


空を舞ってるコウノトリが


全部 全部 笑って去った

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます