同棲から始まるオタク彼女の作りかた

著:村上凛 イラスト:館川まこ/ファンタジア文庫

【全文公開】同棲から始まるオタク彼女の作りかた 1巻

1

「ただいまー、…………」

 学校から帰宅後、リビングのとびらを開け、俺は目の前の光景に思考停止した。

 ロングのれいくろかみ。白いフリルブラウスに、ハイウェストなひざたけこんいろのスカート、うすの黒のストッキング。少し前に流行はやった『どうていを殺す服』をかんぺきに再現して着こなしたせいな美少女が、その上にフリルエプロンを着けて、キッチンで料理をしている。

「あ、おかえりなさいお兄ちゃん♪ ちょうどご飯できたところだからね?」

「…………」

 台詞せりふを聞いて、俺は絶句する。

「あ、それとも、先におにする? もういてるよ♪」

「いや、えっと、そうじゃなくて……」

「ま、せっかくできたてだし、先にご飯でいいよね♪」

 彼女は俺の言葉を無視して、しよくたくの上に料理を運ぶ。見るからに美味おいしそうなとんじるにハンバーグ、白いご飯が並び、食欲をかき立てるにおいをただよわせる。

「はい、じゃ、いただきまーす!」

 俺たちはソファーにとなりどうこしかけ、手を合わせた。

「ん? 何じろじろ見て……あ、分かった! もしかして、私にご飯食べさせて欲しいのかな!?」

「はぁ!?」

「もう、しょうがないなー、お兄ちゃん。じゃ、ほら、あーん♪」

 彼女が俺の口元までハンバーグを運んできて、口に押し付けてくるので、仕方なく口を開いた。

「~~っ!」

 ハンバーグは思いのほか熱くて、何も言えなくなる。

「どう? 美味しい? お兄ちゃん、今日も一日おつかれ様? 学校疲れたでしょう? 妹に思う存分甘えていいんだからね?」

「……っ!?」

 彼女は口の中が熱くてなみだでハフハフしている俺の状態など気にも留めずに、俺の頭を無理矢理でてくる。

「よしよし、いーこいーこ?」

「…………」

 クソ熱いハンバーグを無理矢理食べさせられたときは死ぬかと思ったが、頭を撫でられているうちになんだか悪い気はしなくなってきた。

 色々ごういんだしわざとらしすぎるけど、悪くはない……かもしれない。

「あ、あとは自分で食べるからだいじようだ」

 再び熱いのを無理矢理食べさせられたらたまったもんじゃないので、俺はそう言ってから、自分のはしでハンバーグを食べる。

「……ん、うまい……よ」

「……っ! べ、別に、お兄ちゃんのために作ったわけじゃないんだからね!? 自分が食べたくて作っただけなんだから!」

「え……?」

 聞かれたから感想を言ったのに、とつぜん彼女の態度が急変してまどいをかくしきれない。

「……っていうか、今日れんらくもなしにおそかったの、なんで……? せっかく私が料理作りながら待ってたのに……もしかして、他の女? 他の女と遊んでたの……?」

「え……え、え、え?」

 今度は急に目に光がなくなって、強い力で俺のうで?つかんだ。

「ねえ、スマホ見せてよ。他の女と連絡とってないかチェックするから」

「いや、ちょ……」


しなお前、色々ちがってっからあぁぁぁぁ!」


 声を大にして、せいだいっ込んだ。


「童貞を殺す服を着て料理作って待ってるまではいいけど……なんで妹設定でバブみ盛り込んでさらにツンデレでヤンデレなんだよ!? じようちよ不安定すぎだろがぁ!? 属性盛り込みすぎてカオスで意味不明になってんぞぉぉ!?」


「えっ……だって、あんたにすすめられたアニメとエロゲとエロまんと同人誌ではこうだったじゃん! こういうのがオタク男子に人気なんでしょ!? 全部完璧にやれてるじゃん!」

「二次元のえを三次元で完全に再現するとか、ただの頭おかしいやつだからな!? 参考程度、ところどころを不自然じゃない程度に取り入れろって意味で勧めたんだよ!」

「何よそれぇ!? せっかく十回以上読み返してめっちゃ勉強したのに! セリフの練習までしたのに! 黒髪ロングのウィッグとかめっちゃ高かったしウィッグも服もこの時期にちよう暑かったっていうのにぃぃぃ!」

 二科は立ち上がってげきしながら、いかりにまかせて黒髪のウィッグをその場で勢いよくぎ捨てた。

 あーもう、めちゃくちゃだよ……。

「じゃあ、もっとちゃんと教えてよ!? どういう女子が理想なのか!」

「え……」


「あんたが言ったんだからね!? 私を、オタク男子の理想に育ててやる、って……!」


 俺いちかげとらが、同じ学校のオタクでリアじゆうギャルの二科こころいつしよに暮らしてこんなことをしているのには、深いわけがあるのだった──。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます