半身

君は見るからにどんくさい堅物で

モテなくて

地味なこと天井知らずだ


でも僕は違う

いつだってトップの成績で

見た目もそんなに悪くない

いつも華やかな場に立っていた

もちろん、恋人は金持ちの娘


それもこれも君のおかげ

君がこつこつ築いたものを使って

僕ははるかに見栄えよくやってのける


ほんとうは

僕はただのだめなやつで

君がいないとどうしようもない

だけど君から

ときどき憎悪のような薄黒いものを感じる


本当にそばにいてほしいのは

恋人じゃなくて君なのにな

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます