祈り

わたしの父は、行ってきます、と

いつものように出かけた

わたしの母は、行ってらっしゃい、と

その日はちょっと手が離せなくて

リビングで見送った


そしてその日、父は帰らぬ人となった

母は泣き崩れていた

なぜ、あのときちゃんと

父を見送りに出なかったのだろうと


だからわたしは

どんなに忙しくても

喧嘩をして憎たらしく思っていても

毎朝必ずあなたを玄関先まで見送る

この別れがあなたと会える最後のときかも

しれないのだから


いってらっしゃい、気を付けて

このわたしの言葉に

どのくらいの祈りが籠っているか

あなたはきっと知らないだろうな




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます