第106話ライブラブ1


「ダムダムショット!」


 そんな宣言と共に、銃スキルにしては珍しい、貫通力の無い攻撃が、銃口から発射される。


 無論、ダムダム弾が、スキル名の由来だ。


 まぁゲームに本物の銃の知識を持ちこむのは野暮だけど、本来、銃弾(フルメタルジャケット辺りが妥当か)と云うのは、人体なぞ容易く貫通する。


 が、それはつまり【貫通するだけのエネルギー】が、まだ余剰エネルギーとして残っていることを意味する。


 特に対象との距離が遠いほど、銃弾はライフリングを安定させ、より高度な貫通力を持つ。


 それとは真逆を実現するのが、ダムダム弾……ひいてはホローポイント弾だ。


 つまり『銃弾の変形あるいは破壊を起こしやすくする』という機能を植え付け【貫通するだけのエネルギー】を余さず、人体破壊エネルギーに転化させようというもの。


 ダムダム弾の方は、あまりに強烈過ぎて、現実世界では使用禁止の布告が出たけど、ホローポイント弾はストッピングパワーの一端として、警察機構にも採用されている。


 閑話休題。


 ミツナの撃ったダムダムショットが、北極エリアのクエストフィールドのボス……ホッキョクグマに食い込んで、ヒットポイントを零とする。


 フェードアウトするボスキャラ。


 クエストクリアの文字が、視覚モニタに映って転移。


 僕らイレイザーズは、北極の非戦闘区域に身を置き、それからティータイムに洒落込むため、妖精郷エリアへとさらに転移。


 データ上のお茶を飲んでまったり。


 相も変わらず、スミスはコキアにすり寄っていたけど、最低限の愛想でコキアはそれを躱す。


 僕は僕で、素知らぬ顔。


 紅茶を飲む。


 まぁ人それぞれということで。


 ピコンと音がした。


 エリア全体に響いたわけじゃなく、僕個人に対する電子音だ。


 ダイレクトメッセージ。


 発信者と受信者にしか見ることのかなわない、秘密の文章。


 発信者はシリョー。


 つまり量子だ。


「オドをログアウトしたら、こっちのアドレスに飛ぶこと」


 と三次元アドレス付きで指示される。


「なして?」


「ひ・み・つ」


 ウザい。


 それが率直な感想だった。


 ともあれ今日も終わろうとする時間。


 夏季休暇の日々だから、徹夜でネトゲしてもいいんだけど、寝落ちするのもなんだし……というかシリョーのダイレクトメッセージが気になって、僕は解散を提案した。


 で体よく解散。


 スミスだけは、オドに残ったまま、本来のギルドに合流するみたいだけど、まぁその辺のことは僕の興味埒外。


 オド……オーバードライブオンラインをログアウトして、電子世界に浮いている自身のアバター(ちなみにオドと同じ白髪赤眼の美少年のソレだ)を自認した後アドレスに飛ぶ。


 プライベートルームだ。


 それは既に確認しているため、別に驚くことでもない。


 まさか量子が僕に害なすなぞ、マタンゴの存在より有り得ないけど、こういう警戒は常に必要だ。


 で、飛んだ先のルームには、赤いロングヘアーの巨乳美少女と、青いロングヘアーの巨乳美少女がいた。


「あら?」


 そちらについては予想外。


 しかし、どちらも見た覚えのあるアバター。


 当然だ。


 さっきまで見ていたのだから。


 赤い美少女アバターは夏美。


 青い美少女アバターは秋子。


 オドでのミツナとコキアだ。


「君たちも呼ばれたの?」


「ということは雉ちゃんも?」


「うん。まぁ」


「全員揃ったね」


 こんどは、ブラックセミロングツインテールの、美少女アバターが現れる。


 国家的アイドル……大日本量子ちゃんその人だ。


 ここは外界(電子世界に外界という概念があるのかという議論はともあれ)と隔離されたプライベートルーム。


 変装の必要が無いということだろう。


「うん。イレイザーズ勢揃い」


 しきりに量子が頷く。


「総一郎はいないよ?」


 至極真っ当な指摘をすると、


「数に含まないでしょ?」


 至極あっさりと返される。


 哀れなり総一郎。


 多分ここにいる全員の心象ではあろうけど。


 特に秋子。


「で? 何の用?」


「雉ちゃんたちは夏季休暇に入ったでしょ?」


 学校も勉強も無い妖怪とは違って、真っ当な人間にはしがらみがある。


 けっして量子を妖怪呼ばわりしているわけではないけど、実体が無いという意味では五十歩百歩……なのかな?


「だから今日はこれを渡そうと思って」


 そう言って、データ上のメッセージが送られる。


 チケットだ。


「こんどライブやるから。その特等席」


 ルンと声を弾ませて量子。


「タダでもらっていいんですか?」


「もちろん。私たち友達でしょ?」


 転売したら幾らになるかな?


 そんな皮算用。


 半眼で量子が睨んでくる。


「……雉ちゃんの考えることは読めるよ?」


「むぅ」


 恐ろしい奴め。


「大日本量子ちゃんの夏季ライブの特等席……!」


「最高のショーにしてみせるから楽しみにしててね?」


「はい!」


 夏美は興奮して首肯した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます