52 2つの国03



次の日の夜も


不思議な夢は続いた


・・・




大昔 白の国と戦争をしていた


その時に人族が住むという領域を通り 魔物を誕生させてしまった


人族を襲う魔物


我々のせいで誕生してしまった魔物をどうにかしてあげられないのか


魔物を隔離する場所を作り そこで魔物を倒す


発生した魔物の一部を自動に転移させる魔道具の開発に成功した


計画は順調に進んで行くと思われたが


しかし 魔物は想像以上に強かった


簡単に倒すことなど出来なかったのだ


そこで魔物の強さに応じて隔離し 人族にも手伝ってもらいながら倒すことにした


S~Nまでの強さに分けることに そしてアイテムを用意した


強い魔物を倒してくれた者にはよいアイテムがランダムで報酬として渡るように用意した


これで 少しは魔物からの被害がなくなればいいのだが


・・・








大昔 黒の国と戦争をしていた


その時に他の領域に住む種族も戦争に巻き込んでしまったのだ


人族の住む領域は白の国と黒の国の戦いに巻き込まれた


魔法がなかった領域に大量の魔那が発生し 魔物という生物まで生まれてしまった


そして人族の中からもとんでもない魔物が誕生したのだ


知性をもった魔物 大量の人族を殺すことで生まれた恐ろしい魔物


その魔物の名は魔王


強いうえに他の魔物と違って知性も高い


討伐しようとしても 転移の魔法で逃げることも出来るのだ


そこで 魔王を逃がさないために 討伐出来るようにするために 魔王が生まれた瞬間に呪いの魔法が発動するようにする魔道具の開発に成功した


他のものから魔王が逃げられなくなる呪い


勇者から居場所がわかるようになる呪い


これで この2つで魔王が誕生しても討伐できるようになるだろう


・・・

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます