断章 鬼笑ノ月

作者 安良巻祐介

すべてのエピソードへの応援コメント

  •  へのコメント

    “偽一話”という文字こそあれ、登場する楽器や、あやかしの息がすでに長い物語を支える柱となっているように思いました。
    音に対して筆を執り…鬼笑ノ月に歩く主人公のすがたが格好良いです。

    作者からの返信

    ありがとうございます。相変わらずの頭だけのお化けを描いてしまっておりますが、こういうモチーフの長編はいつか挑戦してみたく思っています。鬼笑月をもう少しきちんと生かしたかったな、というのはあるところです。

    2019年1月9日 02:17