流転―⑦―

 まるで風に吹かれた砂の様に、青白い光が巻き上がる。


 その風に揺らされ、サキの体から、電影が浮かび上がった。


「この……感覚は!?」


 サキの上に現れ、狼狽の声を放り出す月白色の光。月白色の女を象っていた。


「やっと、目覚めたな……サキ?」


 ロックの護拳の前に、見慣れた黒髪の少女――サキ――が現れる。


 声ではなく、肩から息を吐き出して、ロックに曖昧な笑みを返した。


「……何故だ」


 サキを見下ろす形で、月白色の電影が呟く。


「……この力は、我から生まれた命熱波アナーシュト・ベハ共……何故、我に歯向かう。力が無い小娘に従い、何故、我に従わないのだ!?」


「……救いようのない馬鹿だな。リリス」


 ロックはサキの目の前で、遮られた護拳を下げる。


「テメェ……を渡されたとでも思ってんのか?」


 翼剣を振り上げるロックを、サキは双眸で映した。


「『器は、。しかし、は、それを選べない』だったよな?」


 リリスがロックを絶望の淵に叩きこんだ時の言葉を、サキの頭上で戸惑う電影に繰り返す。


「サキは……二人の命熱波アナーシュト・ベハを背負える程、――つまり、テメェの言う、なんだよ。そして、テメェは強くねぇんだよ!!」


「……なら、この力は!?」


 ロックの言葉に、リリスは月白色の顔を更に、白くさせんと叫んだ。


 しかし、リリスの都合を鑑みず、更なる鼓動が、月白色の電影を水月の様に揺らす。


「二つの命熱波アナーシュト・ベハが入る……その分、エネルギーを増幅させ、反響させられる。シャロンは、その力を使って、サキをんだよ。尤も、命熱波アナーシュト・ベハであるテメェを、弱らせる必要があったがな」


 シャロンは、”ウィッカー・マン”の命熱波アナーシュト・ベハに働きかける力は、サロメの命熱波アナーシュト・ベハを集め、必然的に命熱波アナーシュト・ベハを送る“リア・ファイル”の道も作る。


シャロンはナノマシンで作られた力場に、”ウィッカー・マン”を通して熱力を送り、リリスに抑えられたサキに干渉したのだ。


命熱波アナーシュト・ベハ二体を含められるサキは、その力を増幅させることが出来る。その二体分から得られる熱力の反動が、サキに取り憑いたリリスの電影を曝け出したのだ。


「だが……我は、まだ終わらん。”救世の剣”の力は、まだ……あるッ!」


 空に浮かぶリリスの電影は、サキに入り込む。


 苦しむサキを二本の翼槍の光に乗せ、空を飛んだ。


 ロックは叫びながら、肩から一撃を振りかざす。


真名ジェナム・エ:”カラドボルグ”!」


アルスター神話群の英雄、クー・フーリンの叔父貴である、フェルグス=マックロイの持つ剣の名前で、その意味は”硬き稲妻”。


 翼剣”ブラック・クイーン”に、黒い稲妻が纏い始める。


ナノマシンによって集められたグラフェンが、命熱波アナーシュト・ベハを熱力に変換した。


光と熱は、力を伝達する。


E=MC^2の力が、ロックの命導巧ウェイル・ベオに集まり始め、二筋の雷鳴を作った。


力場で作られた紅と黒の波に押され、ロックは夜空に舞い上がる。


戦士の月ギアラック・ア・ヤイスギック”。

 

命熱波アナーシュト・ベハは、高熱源体。


ナノマシン:”リア・ファイル”の物質生成は、電子を操る。


天然の粒子加速器と同じ熱力を擁し、今のロックは、全ての物質を作り出した原初の雷と同じ力を、グラファイトとシリコンで増幅させた高熱源と化したのだ。


その熱源を顕現化させ、ロックは周囲にグラファイトとシリコンを纏った、紅黒の翼が、夜のバラード湾に羽ばたく。


それが狙うのは、サキに入り込んだリリス。


彼女は、海に浮かぶ、青白く輝く”救世の剣”を目指していた。


「アイツ……救世の剣の残ったエネルギーで、サキと一体化を行うつもりよ!!」


 空を飛ぶロックの横を、光の剣を持つライラが叫びながら、並ぶ。


「いくら、二体の命熱波アナーシュト・ベハを持てる体でも、力の使い方を一朝一夕で身に付けられる筈がねぇ。サキがあの中でリリスと融合したら、今度こそ取り戻せなくなる!」


 ライラに吐き捨てるように言うと、


「私達が止めます!」


ヴァージニアは、結晶の鏃を放つ。白と黒の翼に運ばれるサキの身体を、結晶が囲んだ。


「ロック……あなたの攻撃をサキに加えて下さい」


 洋上の潮風に晒される中、ヴァージニアに耳打ちされた。


 その内容にロックは、驚きの余り抗議も出せなかった。


「……アタシ達が、サキとリリスを抑える。アンタの力は強力過ぎる。でも、アタシ達命熱波アナーシュト・ベハなら、その制御が出来る」


突拍子もないライラの言葉に、ロックは押し黙るが、


「アンタ……サキを助けたいんでしょ?」


 ロックの表情を見て、あどけなさを残したジャケットの守護者。


彼女は悔しさを噛み締めながら、


「アタシ……アンタの命熱波アナーシュト・ベハに殺された。何もできずに、リリスがアタシを乗っ取って、アイツの親友も死なせた。眼が覚めたら、また! もうたくさんなの!」


 ライラの感情の堰が壊れる。


 その顔は、バプトが剣を振り下ろした時に垣間見せた、最後のライラなのだろうか。


「サキを守るんだろ……簡単に死ぬなよ?」


 ロックの短い言葉に、サキの守護者たちが消えた。


ヴァージニアのフォトニック結晶を媒介に放たれた、ライラがサキの前に立ちはだかる。


稲妻の蔦がフォトニック結晶から現れ、白と黒の翼槍を絡めとった。


サキの体で、足掻くリリスを、ヴァージニアとライラの二人が、フォトニック結晶と稲妻の力を強めて拘束。


 ロックは黒と赤の稲妻の剣を下げ、眼を焼かんとする光に包まれるサキに向かって加速した。


 剣先を右脚から斬り上げると、


「ロック……」


「何も考えず、!」


 ロックは紅黒の翼剣を、戸惑うサキの上から叩き落とした。


 ロックの放った赤と黒の雷波が、サキを打ち付ける。


 ロックから何合も放たれる雷霆の破壊熱力に、ヴァージニアとライラは、歯を食いしばり耐えた。


 剣から放たれた赤と黒の奔流が、サキにぶつかり、バラード湾から広がる。


 力の波が、港湾で拮抗するシャロンに伝わったのを、ロックはサキの体で怯える月白色の眼で知った。


 シャロンの滑輪板フェンナグを通して、赤と黒の雷が、ブルースとサミュエル、サロメに炸裂。


「力が戻ってきた!」


「むしろ……ぜ!」


 飴色の大鎌使いと苔色の双剣使いが、口々に言った。


 ”ウィッカー・マン”の継ぎ接ぎのサロメに、ブルースのヘヴンズ・ドライヴの旋毛風が吹く。


 大猩々の”ガンビー”、”四つん這い”の”クァトロ”に、扁桃頭の”フル・フロンタル”の胴体と共に、サロメが緑色の双迅に舞い上がる。


 舞い上がったサロメと”ウィッカー・マン”は、黄金の竜巻に飲み込まれた。黄金の特殊ナノ研磨剤に削られ、サロメは紅いドレスを纏った右腕だけの胸像に仕立てられていく。


胸から上だけを残したサロメの象牙眼が、サキを反射した。


ロックはサキに、赤黒く輝く翼剣を再度、叩きつける。


ロックとサキの間で、雷鳴が轟いた。


熱力の雷鳴が、サキに纏わりつき始めると、


、出ていけ!!」

 

サキの咆哮と共に、リリスは雄叫びを上げながら、宿主とする少女の体から飛ばされた。


 彼女の声と守護者たちから放たれた熱出力が、体から離れたリリスを青く光る”救世の剣”の欠片に再び、押し込める。


 ロックは黒と赤の稲妻と化した翼剣を、”救世の剣”の欠片に背を叩きつけられたリリスに突き立てた。


 赤い外套の戦士の放った右の突きからの薙ぎ払いは、”救世の剣”ごとリリスを切り裂く。


 二つに分かれた”救世の剣”に、斬閃の軌跡をロックは幾重にも刻んだ。


 ”救世の剣”は、ロックの斬撃の熱力と内包されていた熱力と合わさり、白色に輝いて爆発。


電影となったリリスの脚線美が、その熱で吹き飛ぶ。


上半身を防ぐ為に突き出した両腕が失われると、


「リリス……私の中に!」


 右腕だけのサロメが、リリスとロックの間に割り込んだ。


真名ジェナム・エ:ゲイ・ボルグ!」


 サミュエルの声が陸から発せられ、砂塵を一直線に集めると、胸像となったサロメを貫いた。


 噴進砂塵の槍から苦悶の声が、サロメの石榴色の唇から漏れる。


 象牙眼の胸像と、月白色の電影の二人は、”救世の剣”の爆発の中に飲み込まれた。


 だが、その熱波が、ロックを襲う。


 青い光の爆発に揺らされながら、


――サキ!?


 ロックは、サキを探す。


 リリスを吹き飛ばした時に力を使い果たしたのか、彼女は意識を失い、彼よりも遠くへ飛ばされていた。


眼を閉じたサキの手を目指し、ロックは右手を突き出す。


 彼女の手を掴みかけ、ロックは意識を失った。



※※※


イーストヘイスティングの工場跡地は、一夜にして、水に流された。


 その後、湾からの恒星の爆発を思わせる閃光と共に、工場跡地に残されたウィッカー・マンも消失。


 潮の匂いと鉄の匂いのする更地同然の、工場跡地を朝日が、そこに立つブルース=バルトも照らしていた。


 朝日に照らされた瓦礫の中を、苔色の外套の目の前で、バンクーバー市警と”ワールド・シェパード社”の兵士が、工場跡地を駆け回っている。


 ”ウィッカー・マン”との戦いで見かけた数よりも、ブルースは兵士達の数が増えている様に見えた。


負傷した互いの陣営の戦士たちの治療の為、バンクーバー市外にも展開していた”ワールド・シェパード社”の兵士も駆け付けたのだろうか。


 近い内に、カナダ他州の警察関係者や、米国からも救援が来るかもしれない。


 だが、そんな人命救助や状況確認で奔走している者を他所に、人だかりが出来ていた。


 ブルース=バルトは、興味を引く何かを確認し、携帯端末を取り出す。


 端末に言葉を入れると、を背に、人払いを始めた。


「ブルース……」


 先程、電話機能で呼ばれた銀甲冑の男――ナオト=ハシモト――の眼は、ブルースの曖昧な笑みを映す。


彼の眼は、ブルースの足元にいる二人の男女も含めた。


 紅い外套はロックで、トレーナーを着た少女はサキである。


 何故か、ロックがサキを覆って地面で寝ていた。


 溜息を吐いたナオトの背でバンクーバー市の救急車が二台、警告灯を輝かせて港湾跡地に流れ込む。


 ロックとサキはそれぞれ、隊員たちによって救急車に運ばれた。


ブルースは救急隊員によって、二人が運ばれる前のことを思い出す。


――やっと、……。


 ”グランヴィル・アイランド”で掴めなかった、サキの救いを求める手。


 それがサキを覆う形で、ロックは右手が彼女の左掌を重ねていたことを。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます