第七章 Flux

流転―①―

 ロックの目の前に広がるのは、暗闇だった。

 

 目を凝らしても、目の前のモノの輪郭すら浮かび上がらせることのない”


 ましてや、足で立つことはおろか、


『此処に』と問いて、『この世界にお前が?』と誰かに問われると、自らが焦燥感の種火がロックの内で灯った。


在るモノを目にして、人としての自覚が生まれる。


人間としてには、が生まれ、空間が広がる。


そうして、に対するとしての思考が生まれる。


つまり、我思う故に我ありコギト・エルゴ・スム


考えることがこと。


生きている実感の取り掛かりは、驚くほど、単純なものだった。


しかし、そのが少ないどころかな状況。


それがロックに、一つの結論を導き出させた。


――死、かよ……。


 死を意識させられたのは、初めてではない。


 何れも痛みや極限状況に追いやられて自覚させられたことが、多々あった。


だが、””が水準は、初体験である。


 人間として生きる。


その為に戦うことを、誓った。


だが、以上、それを求めてもしょうがない。


 そう思案し始めた、ロックの前に三つの光が立つ。


 それぞれ、人型を作り、


「ロック……初めて会う、のか?」


 初めに出来た人型の光は、鉢金で額を隠した美丈夫。


剣の角が生えた鉢金は、頭部から突き抜けるの猛々しさを思わせる。


その反面、胴と四肢関節を纏う白色の甲冑が、羊の持つ牧歌的な雰囲気も不意に醸し出していた。


その青色の眼が、驚きの余り、口を小さく開けていたロックの顔を映す。


「話す機会が、今まで無かったからね……戸惑っても無理はないよ、バプト」


 自らを洗礼者と呼ぶ男の隣で光の口調には、呆れを表す息遣いが混じる。


二体目の光は、スカーフが巻かれた細面の男を形作った。


きめ細やかな肌と鋭い目つきは、何処か老獪の狐を思わせる。


ロックはその男と何処かで会った気がした。名前も聞いた覚えがあったが、余りにもで、口から出かかっている。


しかし、思わぬところから、ロックの出掛かった言葉が言語化された。


「バプト、アンティパス。彼の消滅をで、抑えることは出来ましたが……これから、どうしたらいいか」


 三人目の光は、ガレア付き兜を被る女――ヴァージニアだった。


彼女の言葉にロックは、


「アンティパス……お前、さっき戦った」


 灰褐色の鎧を着た戦士との戦いで、ロックの記憶に過った男。


 白い甲冑と、剣の様な雄羊の角の鉢金を身につけ、ロックの目の前で口を開いた。


「改めて自己紹介だ。一応、俺は”洗礼者バプティスト”と名付けられている命熱波アナーシュト・ベハだ。アンティパスも……」


「だから、バプト……そんなだと呼びにくいだろ。命熱波アナーシュト・ベハでも使よ?》」


 アンティパスの柔和だが何処か辛辣な自己紹介の批評に、バプトは頭を掻く。


 信じられないことだが、風景で、自らの命熱波アナーシュト・ベハがロックの目の前に立っていた。


 だが、自分の命熱波アナーシュト・ベハの紹介の前に聞こえた言葉に、ふと違和感を覚え、


「お前……今、って言っていたが、何が起きている」


 ロックに問われた、ガレア兜の女戦士が右手を上げた。


すると、サロメやリリスと戦った蹴球場の風景が広がる。


だが、ロックは、画面に映るに目を引いた。


 両膝を折りながら、月に向けて吼える赤い外套の自分自身。


その周囲を紅と黒の竜の光が、彼を守る竜巻となっていた。


「私のナノマシンも使って、今……貴方の崩壊を食い止めています。命熱波アナーシュト・ベハが貴方の体から吸い出されようとしていたので、あなたのナノマシンの活発化を利用して抑えている状態です」


「その活性化した余熱を利用して、僕たちは君の命熱波アナーシュト・ベハを”リア・ファイル”の活動によって出来たの熱によるで抑え込んでいる」


 ヴァージニアとアンティパスの言葉を、ロックは咀嚼した。


放射熱を囲って冷やすのと同じ原理で、ロックは閉じ込められている。


冷却熱力は、ブラック・ホール。


その発生時に出来る、光が到達出来ない境界を、人工的に作ったと言うことらしい。


「しかし、あくまで程度だから、長続きはしない。多くのエネルギーを使って、ナノマシンの活動を抑えた冷却だから、宿主からエネルギーを得ることには変わらない」


 自分に潜んでいたバプトという命熱波アナーシュト・ベハが、故に楽観はできないことを告げた。


 ロックは三人の説明を聞いて、驚きの余り、思わず声を上げる。


「ナノマシンの活発化を抑える……だから、お前とライラはだったのか!?」


 サキの命熱波アナーシュト・ベハは、余剰次元の干渉による力を提供するの活動を制御できる程の熱力。


の為に、自らの熱量で今日まで現界を防ぎ、サキを守っていた。


ブルースやサミュエルが動けなくなったのは、リリスに染まった、“ナノマシン:リア・ファイル”の効果故の副作用だったのだろう。


「サキが“ウィッカー・マン”の動力源を見られた理由も納得だ……」


 ロックは一人、呟いた。


「問題は、そのリリスだ。サキの体を乗っ取っている」


 バプトと言われた男の口調に、ロックは目を伏せる。


「俺は……サキを殺す。ない」


 ロックの言葉に、ヴァージニアが息を呑んだ。


 アンティパスは、バプトに顔を向ける。


スカーフの戦士に促された、自身の潜在意識にいた戦士の放つ、剣の様な眼差しにロックは、


「ファンは……人間でいることを望んだ。リリスに乗っ取られ、どうしようもなくなった時のアイツの最後の願いが……」


「『覚えていて欲しい』だったな?」


 バプトが、ロックの言葉に頷いた。


 ロックは、ファンの優しい温かい笑顔を浮かべる。


 しかし、は、彼女に冷たい剣を渡した。


 自分の物語を続けさせる為に、少女は自分を犠牲にしたのだ。


「それを望ませない為に、サキを守ると誓った。しかし、無理だった……」


 ロックの意識の中から見える風景が、サキの体を使ったリリスが東の空へ飛んでいる様を映す。


 街中の至る所で、青白い火柱が立ち始めていた。


黒い犬耳兜を被った”ワールド・シェパード社”の兵士、警察官に市民が火元である。


また、火の手を逃れた者たちが恐慌のまま、建物や物陰に入っていった。


だが、力づくである為、殴り合いが起きる。そこに立ち会う者は、涙を流していた。

 

 その場面で”クァトロ”が大きく割り込む。


 一体ではなく、頭部を並べた群れが、視界を覆った。


 市民たちが命熱波アナーシュト・ベハ化していく様を、街を蹂躙する”四つん這い”群れを見る一体の視点に変わる。


“ウィッカー・マン”も歓喜と言わんばかりに、雨降る夜の街で青い光を銀鏡の皮膚に浴びていた。


「サキは……ファンと同じだ。もう、人間じゃない」


「いや、まだだ」


 バプトの強い声に、ロックは顔を上げた。


抗議の声を出そうとするが、彼の視線に制される。


「よく考えろ。英国……スコットランドでは、救世の剣から大きなエネルギーを得た。今はどうだ?」


 リリスの目的は、”救世の剣”の熱出力を得て、ファンとロックを彼女の都合の良い何かに作り替えようとした。


二人を作り替えた後、リリスが環境にも同じことを画策したのを思い出す。


「サキの命熱波アナーシュト・ベハを使って、乗っ取った……器というのは」


 純粋にという意味ではない。


ただ、ライラとヴァージニアを宿していられる程、丈夫なだけだ。


「リリスはを使っている」


 バプトの言葉の意味を、ロックは考えた。


それに基づいた思考が、ヴァージニアの口から語られる。


「そして、私たちを使う……いえ、使のは、彼女に力が無かったからです。元々、リリスの含まれた”リア・ファイル”の雨で、私たちは起動してしまった。雨にしか力を与えられなかったから……」


 確定事項と不確定事項に絡み合った現状に、ガレア帽の戦姫の言葉の歯切れが悪かった。


 ロックは、自分に残る謎を吐き出す。


「もし、リリスの復活が前提として、俺に固執する目的はなんだ。漠然と、アイツらに狙われるのは……」


「俺に含まれた魂だ。命熱波アナーシュト・ベハのベースとなった者がいる、リリスはそれを狙っていた。復活させる為に」


 ”洗礼者バプト”という潜在意識の化身の言葉に、ロックはアンティパスを見つめた。


 リリスが、アンティパスに言い放った言葉は、


『アンティパス……そういう名前だったが、その体が申し分ないな』


「アンティパスを入れていた体……それが、洗礼者の命熱波アナーシュト・ベハの元の体……?」


 ロックの振り絞って出した言葉に、アンティパスは、


「しかし、体と命熱波アナーシュト・ベハを留め、一体化させるには、エネルギーが必要だ。膨大なエネルギーが……」


 アンティパスが苦々しく呟く。


 ロックはその意味を悟り、込み上げてくる吐き気を堪えて吐き出した。


「人間の命熱波アナーシュト・ベハ化……しかも、の為に、人間の魂を使っていた」


 救世の剣の起動は、大量の人間を必要とする。


E=MC^2、理論上、人間一人は大都市――いや、地球上で必要な資源の熱出力を補うどころか、を持つと言われていた。


それを大都市にいる人間の”魂”を集めるとどうなるのか。


なら……死者の復活は、事も無いだろう。ただし、不完全な”救世の剣”では、人間どころか熱力を出した影響で、環境が激変する可能性が高い」


 洗礼者と呼ばれる別人格は、呟く。


“救世の剣”は崩壊し、リリスはその欠片に潜んでいた。


バンクーバーの空に浮かぶでも、人一人の肉体に魂を固定化させることは可能だろう。


 淡々と吐き出されたバプトの呟きから、ロックのリリスの意図を心の中で推測。


だが、ロックには


「待て、なら何でそこにいる?」


 ヴァージニアを、ロックは指さした。


 当のリリスの力の一部である、ガレアの少女は言われて戸惑う。


「そもそも、俺自体、リリスの力を継ぐファンが中に――そうか、そういうことか!?」


 ロックの叫びに、洗礼者は笑った。


子供の悪戯が成功したかのように、バプトは口の端を釣り上げ、


「まだ、諦めることは無い。は、まだ……


 洗礼者の言葉が、ロックの闘争心の鼓動を再び速めた。


「ヴァージニアもいる……ライラも」


 アンティパスからの口から出た、サキを守るもう一人の命熱波アナーシュト・ベハの名を耳にして、ロックは彼に問う。


「アンティパス……お前は、ライラ……いや、リリスか。そいつの所為で、洗礼者に殺された。恨みを抱いても不思議じゃない。ここに来て、俺らに手を貸す理由はなんだ?」


 アンティパスはロックに向いて、


「死ぬ為だよ」


 ロックは、息を呑んで目を見開く。


「不思議なんだけど……僕は、命熱波アナーシュト・ベハ化された元の肉体を離れ、リリスの望む器に入れられた。お前と戦って、洗礼者と共にいる。だが……」


 彼の灰褐色の眼が、ロックを見据える。


のが、本望だった。リリスに仕組まれたとはいえ、バプトは大事な者の為に、全てを捧げる一途さがある。僕は、彼の刃を浴びただけでも、満足した」


 ロックは言葉を噛み締めて、耳を傾けた。


「僕たちは、何等かの意図で命熱波アナーシュト・ベハ化され、肉体を渡り歩いていた。を心のどこかで願っている。その願いを叶えてくれたのが、そこの友だった」


 洗礼者は顔を曇らせ、何も言わない。


だが、ロックに無言で目を向けた。


 交わす言葉を持ち得なかったが、ロックは何処かでその終焉を思い浮かべる。


 その代わりに出したのは、


「俺は……


 右拳を作り、それを強く握る。


救うことはできない。結局は、しかできない」


 ファンの命を奪う選択肢、今までに行ったことの正しさについて、悩み尽きることは無い。


「しかし、それでも、は……、サキを自分テメェの為に行動させることだ。頼む、力を貸してくれ!」


 ロックの目の前の闇を光で覆いながら、三体の命熱波アナーシュト・ベハが消えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます