異世界でチート能力を手にした俺は、現実世界をも無双する ~レベルアップは人生を変えた~

美紅/ファンタジア文庫

第1巻 大増量試し読み

プロローグ


 俺────てんじようゆうは、いじめられている。

 それも、今に始まったことじゃない。

 昔から……それこそ、ようえんのときから、虐められてきた。

 どんなにやめるようにたのんでも、さらにおもしろがって虐めはエスカレートしていくし、先生にどれだけ伝えても聞いてすらもらえなかった。

 それどころか、全面的に俺が悪いとさえ言われる始末。

 学校の連中や、先生たちからひどあつかいを受けるだけなら、まだよかった。

 でも、俺は家族からの愛情も、向けられなかった。

 生まれた直後は、可愛かわいがってくれたと思う。

 なんせ、両親にとって初めての子供だったわけだからな。

 だが、結局そこまでだった。

 俺の意思とは関係なくみにくくなっていく顔。

 食べるときもいつぱん的な食事量であるにもかかわらず、体はどんどん太っていく。

 運動をしてせようとしたこともある。

 しかし、そんな俺をあざわらうかのように、体重は増える一方だった。

 食事の量は変えていないのに。

 何かの病気かもしれない。

 そう思ったときには……両親の愛情は完全になくなっていた。

 ふた弟妹きようだいが生まれたのだ。

 二人とも、俺とは似ても似つかないれいな顔立ちで、そんな二人に両親は愛情をたっぷり注いでいった。

 それから俺の扱いは一変した。

 食事は、双子ばかりいい物を食べさせてもらい、俺は昨日の残りをもらうだけ。

 貰えるだけましかもしれないが、多くは残飯だったり、賞味期限や消費期限の過ぎたモノが主な俺の食事だった。

 せんたくも双子の服がよごれるからという理由だけでいつしよに洗ってもらえず、さらに水道代がもつたいないという理由で、そのまま俺の服は放置される。

 だから、小学生の俺はいつも一人で自分の服を公園の水飲み場を使って洗っていた。

 服と言えば、双子は新品を買ってもらえるのに、俺はいつもボロボロの服だけ。

 小学校のランドセルも中学校と高校の学生カバンも俺だけボロボロで、双子はいつも新品だった。

 双子は俺より一つ年下で、これらの理由から、俺は幼稚園に入ったころから多くのことは自分でやらなきゃダメだった。

 すごくうらやましかった。

 俺は何もしてない……いや、何もしてないのがいけないのか?

 どれだけうつたえても、両親は俺の声を聞いてすらくれなかった。

 そんな理由から、俺が病気かもと思っても、病院にすら行けなかったのだ。

 一応、必要最低限の食事はあたえられていたことを考えると、俺はめぐまれているのだろう。

 たとえそれが、両親にとって外聞を気にするからという理由であったにしてもだ。

 ────しかし、そんな俺にも、やさしくしてくれた人がいる。

 それは、もうくなったおじいちゃんだった。

 いろいろな場所に行っては、いつも変なお土産みやげを持って帰って来るおじいちゃんは、あまり家にいることがない。

 でも、帰って来てるときは、おじいちゃんは醜い俺をいつも可愛がってくれた。

 それこそ、双子なんかよりも俺だけをずっと可愛がってくれたのだ。

 そんなおじいちゃんも、昔からあちこち飛び回って、変なモノばかり収集する変人として知られており、両親もおじいちゃんのことをぎらいしていたりした。

 小学生になってからは、おじいちゃんの家が近いこともあって、おじいちゃんが家にいるときはいつも遊びにいっていた。

 俺の扱いにふんがいしたおじいちゃんが、周囲に訴えかけても、俺の見た目やおじいちゃんを変人扱いする周囲の声によって、すべてつぶされてしまったのだ。

 そんな、俺に優しくしてくれたおじいちゃんも……死んでしまった。


『優夜。決して負けるんじゃないぞ。なぁに、だいじようつらいことがあっても、みをかべていれば、幸せはきっとやって来るさ。いつか、お前に酷いことをしたヤツらを見返せるくらいにな。……それに、これから先の優夜の人生は長い。その長い人生の中で、あせることなく、ゆっくりと自分と向き合っていきなさい。大丈夫、優夜ならできるさ』


 そう俺に告げて、おじいちゃんは息を引き取った。

 しかも、俺におじいちゃんが住んでいた家と、財産をゆずってくれたのだ。

 もちろん、両親がそれをうばおうとしてきたが、おじいちゃんがてつてい的な根回しをしていたらしく、両親は結局俺から奪い取ることができなかった。

 だが、その結果、両親は俺を育てることを完全にほうした。

 まあ当たり前の結果と言えば、そうだな。

 だから、俺は家を出て、おじいちゃんの家に住むことになった。

 おじいちゃんの財産も、決して多いわけではないし、両親からのえんじよ金もいつさいない。

 それでもおじいちゃんは俺を高校に行かせるために、中高いつかん校に入学できるだけのお金を用意してくれていたのだ。

 そんなおじいちゃんのおかげで入学金や授業料ははらえたが、それ以外の生活費はおじいちゃんの残してくれたお金だけでは厳しく、バイトをけ持ちしながら日々生活していた。

 そして今、急がないとバイトにおくれるのに、それを止められて無理やり体育館裏に連行されていた。

 ここでされることと言えば────。


「クソデブの分際で生意気なんだよっ!」

「がふっ!?」

 集団リンチだった。

 なぐるの連続。

 息をするのもやっとで、お金がない俺はいつも昼飯をいているため、口からは胃液だけが出てくる。

 しばらくして、殴ったりすることにきたのか、虐めの主犯格である同じクラスのあらたけしが、き込む俺のかみの毛をつかみ、顔を持ち上げた。

 荒木は、いわゆる不良というヤツで、きんぱつにピアスをしている。

 制服もくずしていて、この高校周辺で活動している【レッドオーガ】という不良チームに参加しているのだとか。

「ガハッ! ゴホッ!」

「おい、クソデブ。テメェ調子に乗ってないか? テメェは俺が殴りたいときに殴られるサンドバッグだ。そのサンドバッグの分際で……何帰ろうとしてんだよっ!」

「かへっ!?」

 俺の顔面に、するどひざ蹴りがさる。

 鼻血が止まらず、顔じゅうがとても痛い。

「おいおい、荒木。顔はやめておいた方がいいんじゃね? 傷残るぞ?」

「大丈夫だって。こんなクズ、だれも見向きもしねぇよ」

「キャハハハ! マジウケるんですけどぉ!」

 何人かの派手な見た目をした女子が、俺の姿をスマホでってくる。

 その様子を見ていた荒木が、何やら思いついたようで、黒い笑みを浮かべた。

「そうだ、せっかく写真撮るんなら、ぜんを撮ってやろうぜ?」

「おっ! いいじゃんいいじゃん! それなら、もっと人集めようぜー」

「おっしゃ、知り合い全員にメッセージ送れよな~」

「っ!? や、やめ……」

「口開くんじゃねぇよ、クソがっ!」

「アガッ!?」

 またも、俺の顔に蹴りが突き刺さる。

 意識がもうろうとしてきて、今にも気を失いそうになるが、気を失ってしまえば、どうなるか分かったものではない。

 しかし、無力な俺には、どうすることもできず、周囲には荒木たちが呼んだ人たちが集まって来ていた。

「おいおい、楽しいことがあるっていうから来てみれば……」

「まさかゴミの顔を見るなんてね」

 不意に投げかけられる冷たい声に、何とか視線を向けると、そこには整った顔立ちの、非常によく似た兄妹が立っていた。

 ────天上ようと天上そら……つまり、俺の弟と妹だった。

 一つ年が下なので、中学では時々出会うのだが、そのたびにべつの視線を向けられてきた。

 俺は今年高校一年になり、二人は中学三年生になるのだが、結局顔を合わせる機会はどこかであるかもしれない。

 こんな校舎裏などにつうなら用もないだろうが、今回は荒木に集められたのだろう。

「あ? 陽太、知り合いか?」

「ええ、まあ。認めたくないですが、一応兄……ということになってます」

「兄貴!? おいおいウソだろ!? ぎゃはははははははっ! 似てねぇなぁ!?」

 荒木は、俺を見てだいばくしようする。

「まあアレとは書類上の関係ですので、どうでもいいんですが」

「そうかそうか……まあいい。今日は楽しんでいけ」

 そんなやり取りの後、なんと二十人近くの人間が集まっており、とうとう俺は荒木たちの手ではだかにされていく。

 必死にていこうしたし、口でも訴えたが、殴ってはだまらされ、とうとう服を全部はぎとられた。

「ぎゃはははははははっ!」

「おいおいかくすんじゃねぇよ!」

「みっともねぇ体だなぁ!?」

 周囲から浴びせられる侮蔑の言葉と冷たい視線。くやしさとずかしさで、くちびるみしめながら、必死にえる。

 しばらくの間、周囲にシャッター音がひびわたると、荒木は集まった人たちに向けて口を開いた。

「今日は集まってくれてありがとよ! んじゃ、そろそろお開きにするか!」

 そう言うと、俺に向き合い、笑みを深め────。

「おらっ! っ飛べ、クソデブ!」

「あかっ!?」

 アゴに、きようれついちげきをもらった俺は、無様に吹っ飛ばされ、そのまま気を失った。

 目を覚ましたころには、周囲には誰もおらず、空には月が浮かんでいた。

 荷物をかくにんすると、なけなしのお金は奪われ、教科書は破り捨てられ、がされた服にはどろみずがかけられていた。

「うっ……ぐっ……あぅ……」

 泣くのを必死にこらえるも、自分がみじめでどんどんつらくなってくる。

 ……おじいちゃん。俺、どうしたらいいの……?

 これが、俺の────日常だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る