ツギハギセロハン


You are madness. 狂った頭で何を思う?


去った恋人は戻らない。私じゃ代わりにならない。


それでも実験材料にするぐらいなら、せめてその前に私の時を止めて。


油と鮮血に塗れた手で何を掬おうというの。


あの時から呆れてた。指紋のついた眼鏡をかけて、美について語られてもな。


この痛みはあれだ。両手いっぱいに画鋲を持って、そのまま握りしめたらこんな痛みだろう。

貴方が歳をとって、下の世話をしてもらうところを想像して、勝手に幻滅したあの日の感覚に近いかもしれない。


貴方の能弁の前では、客観的事実は全て覆され、貴方にとって都合の良い虚構がみんなにとっての真実となる。


でもそれでいいの? 嘘で塗り固められた生涯を送って、地獄でツケを払う貴方。想像するだけで可笑しくて堪らない。


そうなる前に、少しで良い。意味の無い駄弁をしようよ。私と貴方、二人だけで。


好きか嫌いかだけでは語れない私たち、面倒くさいにも程があるよね。償ってよ。貴方と同じくらい自堕落な私を、更にここまで駄目にしてくれたんだから。


バラバラになった貴方の心、セロテープで適当に繫ぎ合わせようとしたけど、ツギハギだらけになった貴方が恋しいから、このままで、もういいや。


何か食べなきゃ。ホットドッグで良い? マスタードはかける? かけない? 大丈夫、私に全て任せて。貴方好みの味にしてあげるから。


あの子の前で白い歯を見せて屈託無く笑う貴方、ニンニク臭い息を吐いてた昨日とは大違い。嫉妬なんてしないわ。ただ貴方が憐れなだけ。


(2019年2月3日 執筆)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます