第64話

 ジョンの大きなデスクにある電話が鳴った。


 ジョンのオフィスはマカティ(Makati)シティのビジネス街にあり、その中でも人目を引く高層ビルの一画に設けられている。実はこのビル全体が彼の祖父が創業した会社のものである。

 会社は、彼の祖父が小さなアイスクリーム屋から全国トップシェアのファーストフードチェーンに育て上げたものであり、今は彼の父が社長、彼はマーケティング室長を務めている。電話を取ると、秘書がパレス、彼の家のことを皆そう呼ぶのだが、からの電話だと取り次ぐ。


「坊っちゃま、お連れになった女性のお客さまを何とかしてください!」


 執事長からの電話だった。


「どうかしたのか?」

「メイドを集めて、あちこちを掃除して歩かれているのですよ。プールにでも入っておくつろぎ下さいと、何度申し上げてもお聞きにならず、バルコニーとか、トイレとか…。いくら坊っちゃまの大切なお客様だとしても、旦那様と奥様がご旅行でご不在の時に、こうあちこち触られては、私の立場がございません!」


 ジョンは思わず吹き出した。


「わかった。帰ったらよく言っておくよ」


 ミス・マキらしいな。ジョンは受話器を置きながらつぶやく。

 ふと思い出し、デスクから写真を一枚取り出した。朝、麻貴から渡されたのだ。


『この写真を撮った場所を調べられるかしら。やってくれるなら、家の仕事を手伝うから…』


 ジョンは麻貴の言葉を思い返しながら、ここに写っている男と麻貴の関係を思いあぐねた。

 仕方ない。彼はインターフォンを押して、部下を呼ぶように命じた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます