月のライン 4-3


 虹色の、斜めにストライプが入った派手なワゴンで、リカはその日、営業していた。


 肌寒いけれど、雲の少ない青空に、ワゴンからつけた風船が揺れている。


 丸いの、星型の、種類はさまざまだったけど、どれも同じメッセージが印刷されている。


『Happy Noel!』


 リカはニットの帽子をかぶり直した。


 ノエル当日も、この場所で販売することになっている。


 この帽子じゃ寒いかな……。


 ちらり、と後ろの教会を見た。


 ミサを終えた人々が、両開きの木のドアから流れ出る。


 高く組まれた屋根の下で、備え付けの鐘が、重い音を鳴らした直後だった。


「こんにちは、奥様」


 リカは通り過ぎる婦人に声かけを行う。


「いい天気ですね」


 会釈を交わして、人々は家路へと帰ってゆく。


 ちょうど正午だった。


 広場にはまばらに、観光客がいる程度だ。多くの人は、食事時だろう。


 リカもひとまず休憩しようと、ワゴンから伸びた風船の紐を、かき集め始めた。


 しかし遠くから歩いてくる男の顔を見つけたとたん、リカの手から風船がはなれた。


 強い風が吹きつけて、風船が空に上がってゆく。


「あっ……」


 一瞬のミスに、リカが声を上げると、近寄ってきた男はそれを声に出して笑った。


「ロイ!」


 リカは両手を腰に当てて、言った。


「大学に泊まり込みで勉強してたって、そう言ってくれればいいじゃない。もし本当にそうだったら、ね!」


 リカの半信半疑の視線を受けて、ロイは少し俯いた。


「違うのね」


 リカがそっと呟くと、ロイは一度、頷いてから言った。


「この前親父に、医者は諦めて次期、町長になれと言われた。もう20年近く務めてきたから、そろそろ跡取りを見つけたいんだろう。その時いろいろ聞いたけど、それがどんなことかは、今は言えない。この町の存続に関わる、大事なことなんだ。俺は受け入れなかった。親子喧嘩で決まりが悪くて、島に帰れなかったんだ」


 リカは眩しそうに目を細めた。


 ロイの顔の近くに太陽がある。ロイの表情がよく見えない。


「それでも俺はこの島を守りたい。自分が町長にならなくても、島のみんなには幸せでいてもらいたいんだ。俺は親父の目を開かせようと思ってる。直接言うんじゃなくて、ある方法で。効き目があるのを願うけど……」


 ロイの手がリカの腕を取り、引き寄せた。


「リカ、何も心配しなくていいよ。だけど俺のことはもう忘れてほしい。今までずっと、ありがとう」


 リカにはどういうことか分からなかった。


 ただ温かいロイの腕に抱かれて、ふと周りを見ると、言葉の通じない観光客が、リカとロイに拍手を送っていた。


 おめでとう、おめでとう、片言の単語が2人を冷やかす。


 ロイは後ろに下がりつつリカを放した。そしてそのまま振り返ることなく、来た道を戻ってゆく。


 意味の分からないまま、リカはなんだか悲しくなった。


 さっきまでロイが立っていた場所に、見たことのあるレースのリボンが落ちていた。




 どれくらいそうしていただろう。


 突っ立ったままのリカの元に、紺色の制服が走ってきた。


 メールボーイのメルだった。息を切らせて、リカに言った。


「リカ、さっき、ロイに会ったよ。親父さんと喧嘩して、帰ってきてなかったんだって。これから町長に会いに行って、ロイのことを聞いてみようか?」


「いいわよ、メル。もう会ったの。町長に聞きに行ってくれなくても、いいわ」


 リカはメルに首を振った。けれどもメルは、下げていた鞄の中から手紙を一通取り出して、


「だけど町長宛てに、配達があるんだ。ロイから直接、受け取ったんだ」


 と言った。


「見せて!」


 あわててリカが取り上げようとしたその手を、メルがぴしゃりとはたいた。


「だめ! 僕を誰だと思ってる、メールボーイのメルだぞ。宛先に届けるのが、僕の仕事だ」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます