月のライン

リエミ

月のライン

1章

月のライン 1-1


 フェリーに乗って30分、本土から16キロと、さほど離れていないその島は、観光地として人気があった。


 島、といっても南の楽園ではなくて、船が上陸する港には、たしょう砂浜がある程度で、島を支える地面には、そのほとんどに硬い石畳が敷き詰められていた。


 上に建つのは、中世の面影を残した建物。


 太い木枠が入り交じり、みな同じような朱色の屋根に、白い壁。


 花を飾った出窓に揺れる、レースのカーテン。


 ドアには飾り窓がつき、そのすぐ側に、小さなポストが立っていた。


 今日もまた、手紙を差し込む音がする。


 花から花へ、飛び回る蝶のように、家々を回っては、手紙を投函する郵便屋。


 この町の人と心を繋ぐ、大切なライフライン。


 23歳の彼には、メルという名前があった。


 けれども島の住民たちは、手紙の運び屋である彼のことを、メールボーイと呼んでいる。


 もう何年も前から顔見知りなのにかかわらず、メルという本当の名前を知らない。


 ごく親しいメルの友達をのぞいては。


 友達はメルが本土から、1日100通ほどの手紙を、フェリーに乗って運んでくることを知っている。


 また、人口1500人あまりのこの島を、徒歩で駆け巡っていることも知っている。


 もし島をまっすぐ横断したとしても、1時間とかからないのだ。


 通い慣れた彼の足には、ちょうどよいジョギングコースのようなものだ。




 小さな島には昔から、ちゃんとした病院や警察署、そして郵便局が1つもなかった。


 メルが勤める本土の局で、今も変わらず、島への配達、そして島にある、たった1つのポストに出された、その手紙の収集を行っていた。


 今のところ、島はメルの担当だが、その先代も、さらにその先代の担当者も、島のみんなからメールボーイと名付けられていたらしい。


 その名残りで、メルも、メールボーイと呼ばれることに誇りを持って、仕事をしている。


 ただ、この島のポストから集める手紙はほとんど、この島の風景を描いた絵葉書か、写真のついたポストカードが主だった。


 本土から持ってきた、島民に配る手紙は封筒に入った手紙だったが、島の中央、町役場に設置された大きなポストからは、封に入っていない手紙を持ち帰る。


 やはり、観光客が旅の記念に、家族や友人に贈るものだろう。


 島の住民はあまり手紙を出さないからかもしれない、この島に郵便局がなかったのは。


 メルは自分なりに、そんなことを考えていた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます