#25 名産品をたっぷり使いましょう

 流石、城の厨房。カーシーが開けた大きな食料庫と冷暗庫には、新鮮な食材がぎっしりと詰まっていた。綺麗なピンクや赤色の肉に、活き活きとした眼をした魚、パリッと張りのある野菜。


 どれもこれも王都で栽培、飼育されているものであるが、各地の名産品である。畑のものは土を、海のものは海水を運び込んで養殖していると聞いている。


「凄いっすね」


「国王陛下ご家族のお食事は勿論、この城に勤める者の食事もここで作りますからな。全員住み込みですしなぁ。ですのでこの量なんですわ」


「そうなんすね」


「今日は城勤め全員分の夕飯も作ってくださると聞いとります。お好きなだけお使いください。足りないものがあれば言ってくれれば、すぐに調達しますのでな」


「ありがとうございます」


 サミエルは食料庫を見渡し、玉葱、人参、セロリ、しょうが、黒の粒胡椒、ローリエを取り出し、冷暗庫からは鶏がらを取り出す。


 鶏がらを綺麗に洗い、鍋へ。そこにざく切りにした玉葱と人参、セロリを敷き詰める様に入れ、水をひたひたに加えて、中火に掛ける。


 冷暗庫を開け、トマトを取り出す。食材庫からは玉葱とにんにくを。


 玉葱とにんにくは微塵みじん切りに。トマトはざく切りにして。


 鍋にオリーブオイルを引き、弱火でにんにくを炒める。香りが立ってきたら玉葱を入れ、じっくりと炒めて行く。


 玉葱が透明になり甘い香りがして来たら、トマトを入れて煮込んで行く。火は弱火のままで。


 その頃には鶏がらと野菜の鍋がくつくつと沸いて来るので、火を弱め、出た灰汁あく丁寧ていねいすくう。そこにローリエと黒の粒胡椒を加え、また煮込んで味を引き出して行く。


 さて次。食料庫から玉葱、冷暗庫から牛のロース肉とバラ肉、豚のロース肉とバラ肉、卵、牛乳を出す。


「すいません、パンはありますか? パン粉が欲しいんです。それと牛と豚を挽き肉にしたいんですが」


 サミエルの台詞に、カーシーとデーヴがてきぱきと動く。ルイジは相変わらず不機嫌な表情で、腕を組んでそっぽを向いていた。


「はいはい、丁度ちょうどパン粉にしようと乾燥させておいたパンがありますぞ。足りますかなぁ」


「挽き肉にはこちらの機械をお使いください。上からお肉を入れていただいて、取っ手を回したら下から挽き肉が出て来る、単純な造りです」


「ありがとうございます」


 パンをり下ろし器で下ろしてパン粉を作る。そこに牛乳を入れて湿らせておく。


 卵は割って軽く解しておく。ナツメグは粉のものを用意して。玉葱の微塵みじん切りも準備しておく。


 挽き肉の機械に牛と豚の肉を入れて取っ手を回すと、大きなボウルに細かく切断された肉が落ちて来る。赤身と脂身をバランス良く混ぜるのがポイントだ。


 そこに塩を入れて、粘りが出るまでしっかりとねて行く。白い脂がほのかに溶けて、全体的にもったりふんわりとなったら、そこに卵、牛乳に浸したパン粉、ナツメグを入れて、また満遍まんべん無く混ぜ合わせて行く。


「さて、と」


 大きな鉄板に火を点ける。大人数分の調理をする必要がある厨房なので、焼いたり炒めたりするには、フライパンより鉄板の方が効率的なのだろう。サミエルにしても助かる。


 鉄板にオリーブオイルを引き、肉種にくだねを小判形に形成。空気をしっかり抜きながら。それを良く温まった鉄板に置いて行く。


 さて、それを焼いている間に。


 鶏がらの鍋を見ると、また灰汁が少し出ていたので取ってやる。味見をすると、しっかりとエキスが抽出されていた。


 それをしながらトマトの鍋に移す。混ぜて、更に煮込む。


 肉種の片面が焼けたので、手際良く返して、もう片面も焼いて。


 そうして焼き上がった肉種を、トマトの鍋に入れて煮込んで行く。


 次に、食料庫からマッシュルームとしめじ、グリンピースを出す。


 マッシュルームは厚めにスライス、しめじは石突きを切り落として小房に分け、グリンピースはさやから外して、トマトの鍋に加える。


 そこに隠し味のソイパテ味噌を溶かし入れ、全体を混ぜ合わせて、弱火で煮て行く。


 さて、その間に2品目に取り掛かる。


 食料庫から出した人参は皮ごと擦り下ろして行く。玉葱も同様に。


 そこに塩と蜂蜜、白ワインビネガー、オリーブオイルを入れ、泡立て器でしっかりと混ぜて行く。


 白ワインビネガーとオリーブオイルが乳化にゅうかしてとろりとして来たら、冷暗庫に入れて冷やしながら馴染ませる。


 玉葱はスライスして、バットに広げ、使う直前まで冷暗庫に入れておく。


 フリルレタスは千切って冷水に浸けておく。


 次に冷暗庫から取り出したのは雄の鮭と鯛。手早くさばいてさくにしたら、切り付けて行く。これもバットに並べて冷暗庫へ。


 肉種を入れたトマトの鍋を仕上げる。塩と胡椒、砂糖で味を整える。


 さて、出汁殻だしがらも無駄にしない。これは王族には出さないが、捨てるなんて事はしない。


 鶏がらを取り出し、残った野菜類をオリーブオイルを引いたフライパンに入れて炒めて行く。野菜はすっかりと柔らかくなっているので、簡単に潰れる。


 そこに牛の挽き肉を入れ、ぽろぽろになるまで良く炒める。そこにブレンドしたカレースパイスを入れて香りが立つまで炒めて。


 赤ワインを入れてしっかりと煮詰め、ざく切りしたトマトを加え、更に煮詰めて行く。


 仕上げに塩と胡椒で味を整え、隠し味に少量のカカオパウダー。


 これで、一通りの準備は完了である。サミエルは腰に手を当てて、ふぅと息を吐いた。


 王族が口にするものを作るのだから、多少は緊張するものかと思ったが、始めてしまえばいつも通りだった。


「サミエルさん、出来上がりですかな?」


「凄かったですね。とても効率が良くて手捌きも素晴らしい。本当に味覚の能力なのが不思議です。まるで料理の能力者並みです」


 調理中のサミエルの動きを熱心に見つめていたカーシーとデーヴが、感心した様子で口を開いた。


 本当は料理の能力も併せ持つサミエルだが、口外しないと決めている。


「はいっす。あ、このドライカレーは出汁殻から作ったんすけど」


 最後に仕上がった鍋を指し示す。


「捨てるの勿体無いっすからね。良かったら勤めてる人たちの賄いにでもしてください」


「それは助かりますなぁ。と言う事は、少し味見をさせていただいても?」


「ええ、勿論良いっすよ」


 言うと、ふたりはいそいそとスプーンを用意し、わくわくした表情で鍋から直接掬い、まずは香りを確かめる。


「ふんふん、これは本当に良い香りですな」


「確かに。ではいただきましょう」


 同時に口に入れる。その瞬間、ふたりは眼を見開いた。


「これは凄い……! 本当に、本当にサミエルさんは味覚の能力者なんですかな? 料理じゃ無く?」


「そう疑いたくもなりますね……! スパイシーで旨味とコクが凄い。味付けも絶妙で。出汁殻から作ったとは思えませんね!」


「ほらルイジ、お前も味見をさせてもらうが良い」


 カーシーがルイジを手招きするが、ルイジは結局機嫌を直す事も無く、顔をしかめたまま、またふんっとそっぽを向いた。


 ふたりが堪能たんのうしていると、マロを抱っこしたキャスパがそろりと近付いて来る。


「あの、サミエルさま、恐れ入りますが、わたくしたちにも味見をさせていただけませんか。厨房中良い香りが漂っていて、もう何と申しましたら良いのか」


 そう言いながらキャスパはごくりと喉を鳴らす。サミエルは「勿論」と小さく笑う。


 カーシーからスプーンを受け取ったキャスパは、ふたりにならって鍋から掬い、香りを楽しんで口角を上げ、口にすると「ん〜〜〜」と満足そうに表情を緩ませた。


「美味しいですね! これは本当に凄く美味しいです! 毎日いただくカーシーさんたちのお料理も本当にとても美味しいのですが、これは、その、どうしましょう!」


 すっかりと興奮してしまって、語彙ごいを失っている。マロも小皿に取り分けたそれを「本当に流石サミエルさんですカピ」と満足そうにめた。カーシーたちも気を悪くする様な事も無く、うんうんと頷いている。


 しかしキャスパはふと何かに気付いた様に、不安げな表情になった。


「これは大変な事になるかも知れません。このレベルのお食事を国王陛下がされるとなりますと、これから先……どうしたものでしょうか……」


 キャスパが言うと、カーシーたちは「ああ……」と眼を細める。


 サミエルとマロだけが意味が分からず、眼を見合わせて首を傾げた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます