セツに思う、君のことを。

作者 S【雑賀 禅】

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第6話へのコメント

    彼女には僕がどれだけ想っていたか伝わっていたと思うんですけどね。言葉が無くても、それが分かっていたはずです。でも、このもどかしさはいつまでも消えないんだろうなぁ。それを言葉にして発することも出来ないなんて、寂しいです。

    雪に音が吸われるような、しんとした綺麗な物語だと思いました。

    作者からの返信

    Askewさん、最後まで拝読してくださり、そしてコメント、応援ありがとうございます。

    声がなくても、気持ちを言葉にすることが出来なくても、彼女に対する思いは届いていたと、私も思います。

    一年前に書き上げた物語なんですが、自身で読みなおしてみると、今なら尚更そう思えますね。

    それでも、彼の後悔は一生消えないのかもしれないと思うと、切なくも思います。

    2019年10月27日 14:28

  • 第6話へのコメント

    情景が目に浮かぶようです。
    悲しい結末ですね。
    切ないです。
    ・゜゜(p>д<q)゜゜・

    作者からの返信

    悲しい最後を迎えてしまい、すみません…。゚(゚´Д`゚)゚。

    彼女との永遠を願う、彼の気持ちを少しでも表現することが出来たらと思います。
    切ない結末の物語でしたが、最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

    2018年10月8日 11:02

  • 第5話へのコメント

    。+゚(゚´Д`゚)゚+。

    作者からの返信

    あぁ…悲劇が…(つд⊂)

    2018年10月7日 12:41

  • 第4話へのコメント

    クリスマスのイルミネーション。
    雪……ロマンチックですね。

    彼女はきてくれるのかな。

    作者からの返信

    クリスマス、イルミネーション…。幸せなシチュエーションですが、どこか物悲しい雰囲気が漂っています。

    例えどんなに約束の時間に遅れたとしても、会いたいと彼は彼女を待ちわびています…。

    2018年10月6日 13:59