第92話 二匹の負け犬と番犬

 無法都市とは一言で言えば巨大なスラムだ。


 浮浪者がたむろし、掘っ建て小屋が並び、腐った臭いが充満する掃き溜め。


 しかし、それが無法都市のすべてではない。


 なぜなら無法都市には――三本の摩天楼がそびえ立っているのだから。


「あれが『血の女王』の城。『紅の塔』か……」


 夕日の中、天高くそびえ立つ血のように赤い塔を見上げて言うのは、悪役プロレスラーのような風貌の男。


「どうしたクイントン。怖じ気づいたか?」


 そんなクイントンに話しかけるのは、金髪の美青年。


「怖じ気づいた訳じゃねぇよゴルドー。ただこんな高い建物は見た事ねぇからよ」


「ふん……。オレも世界中で戦ってきたが、確かに見事な塔だ。登るだけで1日はかかるだろうな」


 二人は『紅の塔』を見上げてため息を吐く。


 まるで血の螺旋のように天へと伸びる紅き塔。これがどのように建てられたのか、二人には想像もできなかった。


「塔が立派だからって、そこにいる奴が強ぇわけじゃねぇ。行くぞ」


「所詮はならず者の集まりさ。『血の女王』の首、オレたちが頂く」


 クイントンとゴルドー、対照的な風貌の二人だが、初めて話したときから不思議と馬が合った。それは同じ相手に負けた共通点があったからかもしれないが、とにかく二人は武神祭から仲良く行動を共にしてきた。


 二人は夕暮れの無法都市を歩く。中心部へ進むにつれて、荒れ果てたスラムから、多文化が融合した雑多な都市へと印象を変える。


「驚いたな……」


「ああ……気をつけろ」


 外から見るだけでは決して分からない無法都市の内部。


 変化は建物だけではない。道を歩く住人もただの浮浪者ではなく、獲物を狙うギラついた眼を二人に向けてくる。


 雑魚は1人もいない。


 クイントンとゴルドーも、それを理解した。


 いつでも剣を抜けるよう警戒しながら進むと、雑多な街並みに陰鬱な統一感が出てくる。


 それは『血の女王』の縄張りに入った証。


 二人も空気の変化を察知した。


「近いな」


 住人は不思議と見当たらない。しかし、家の中で蠢く気配を感じる。『紅の塔』も随分近くに見える。


 二人は気を引き締めた。


 そして『紅の塔』へ辿り着いた。


「ここが塔の入り口……!」


 クイントンが巨大な扉に近づく。扉には繊細な彫刻で禍々しい人ならざるモノが描かれていた。


「行くぞ」


 クイントンが扉に手をかけた、その瞬間。


「ヒヒッ、待ちなぁ……」


 何者かに声をかけられた。ひどくかすれた聞き取りづらい声だ。


 手を止めて辺りを探すと、扉の脇に薄汚れたボロ布が落ちていた。よく見るとわずかに動いているそれは――ボロ布に包まった人だ。


「お前らに扉を開ける資格は無い……」


 そう言ってボロ布に包まった人は立ち上がる。


 それは、痩せ細った男だった。背はクイントンを超えるほど高いが、頬はこけ目は窪み骨と皮だけの有様だ。くすんだ汚らしい白髪が肩まで伸びている。


 生ける屍。そう形容するのが最も適しているだろうか。


「資格がねぇだと?」


「この扉を開けていいのは下僕か客人か強者だけだ……」


「ふん。確かに俺らは下僕でも客人でもねぇ。だが『血の女王』を狩る強者だ」


 クイントンはその白髪の男を見上げてニッと笑う。


 ギョロリとした目がクイントンを見下ろし、そして嗤った。


「ヒヒッ、ヒヒヒッ、ヒッ、ヒッ、ヒヒヒッ……」


「何が可笑しいッ!?」


「ヒヒッ、ヒッ、俺は自分を愚物だと思っているが……自分以上の愚物を見るのはいつだって面白い……」


「何だとッ!」


「ヒヒッ、身の程を知れ……こうなってからでは遅い……」


 白髪の男がボロ布の一部を剥ぎ取った。


 露わになったのは彼の右半身。


 しかし、そこには右肩から先が無かった。


「これが4年前『血の女王』に挑んだ愚物の末路……愚物は利き腕を落とされて、今は無様に飼われる『番犬』だ……」


 彼の首は頑丈な首輪で鎖に繋がれていた。


「はッ。俺は武神祭の猛者クイントンだ。そんでこいつは『常勝金龍』ゴルドー。てめぇみたいな雑魚とは違うんだよ!」


「ヒヒッ、知らないねぇ……自分より弱い奴の名前は憶えない主義で……」


「あぁ? ならてめぇはどこの誰だよ?」


「ヒヒッ、俺はただの『番犬』さ……だが昔は……『白い悪魔』と呼ばれたこともあったか……」


「『白い悪魔』? 知らねえな。ゴルドー、知っているか?」


 クイントンはゴルドーに訊ねる。


「どこかで聞いたことがある気もするが……すまん、思い出せない」


 ゴルドーは首を横に振った。


 しかし、その目は『番犬』を注視し警戒している。


「だとよ、無名の雑魚さん」 


「ヒヒッ、いいさ。愚物の名など、忘れ去られた方がいい……」


「悪いが通らせてもらうぜ」


「俺は『番犬』だ……雑魚を通すわけにはいかなくてなぁ……」


「……どうなっても知らねぇぞ」


 クイントンは立ち塞がる『番犬』を睨みつけ大剣を抜いた。


『番犬』も左手に細長い片刃の剣を抜く。それは、身の丈を超える長さの美しい刀だった。


「気を付けろ……クイントン」


 ゴルドーも剣を抜いて言う。


「気を付けるって、何を?」


「その男……力の底が見えない」


「はぁ? この骨と皮だけの隻腕が? バカ言えッ!」


 クイントンが忠告を無視して斬りかかった。


 大剣の軌跡が夕日で輝いた――次の瞬間、血飛沫が舞った。


「……ぁ?」


 半ばで断ち切られた大剣が、地に落ちて乾いた音を立てた。


「ク、クイントンッ!!」


 ゴルドーの絶叫と、腹を裂かれたクイントンが倒れるのは同時だった。


「さて……次はお前か……?」


 ゴルドーの前に、返り血を浴びた『番犬』が立ち塞がる。


「き、貴様ッ!」


 ゴルドーにはクイントンを斬った『番犬』の剣筋がまるで見えなかった。


 見えたのは、宙に舞う血飛沫と、折れた大剣だけ。


 凄まじいほどの腕前。


 利き腕を奪われ骨と皮だけに痩せ細ったこの『番犬』が、それでも尚遥か高みにいることをゴルドーは理解した。


 だが、それでもゴルドーは剣を構える。


 クイントンとの付き合いは短い。しかし敗北から立ち直ろうとする同じ志を持った仲間なのだ。


「安心しろ……死んじゃいない。死んだら使えなくなるからなぁ……」


『番犬』は嗤った。


「よくもクイントンを!!」


 ゴルドーは魔力を剣に集め彼の最強の技を放つ。


「邪神・秒殺・金龍剣ッ!!」


 技を放つその瞬間、ゴルドーの視線と『番犬』の視線が交わった。


 おぞましく血走った『番犬』の黒い瞳。


 ゴルドーはその底知れない瞳を見て『白い悪魔』の記憶を思い出した。


「ま、まさか貴様はッ……」


『番犬』の唇が吊り上がった。


 この片腕の『番犬』が『白い悪魔』だとしたら――。


 ゴルドーは絶望的な差を理解し、咄嗟に剣撃を地面に叩きつけた。


「んん……?」


 砂埃が盛大に舞う。


「クイントンッ!! 必ず――必ず助けに来る!!」


 そう叫んで遠ざかる足音。


「逃げたかぁ……俺は追わない……『番犬』だからなぁ……」


 砂埃を剣の一閃で薙ぎ払い、『番犬』は走り去るゴルドーの背中を見据えた。


「ヒヒッ、だが……無事に逃げられるかなぁ……?」


『番犬』の視線の先で、家々の扉が開き『彼ら』がゴルドーへ襲い掛かる。


「ヒッ、ヒヒッ、ヒヒッ、ヒヒヒッ……!」


『番犬』は天高くそびえ立つ摩天楼を見上げた。


 三本の摩天楼がそびえ立ち、三人の支配者が君臨するここが、世界の掃き溜め――無法都市だ。


 世界中から悪と、富と、力が集う弱肉強食の世界。


 王も、騎士も、魔物も、誰も手出しできない。


 ここは無法都市。


 ここでは力こそ法なのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます