降りては、いけない。

作者 飛野猶「魔獣密猟」「ドラゴン差押」発売中

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 降りては、いけない。へのコメント

    お邪魔します。
    降りなければ何処へ着いていたのか。
    どこで選択肢を間違えたのか、あと1本早かったら? 座席に座らなかったら? 眠らなかったら・・・、それとも必然だったのか。
    怖いですね(><

  • 降りては、いけない。へのコメント

    始りが、いつもと同じ感じでバスに乗ったと言うのも怖いですね。
    いつもと同じはずだったのに、気がついたらいつもとは別の世界にいた。自分達の回りでも、もしかしたら……

    作者からの返信

    >無月弟さま

    いつもの日常の風景から、気がついたら違う世界にいたというのは……なんとも言えず怖いですよね。
    日常の中に潜む落とし穴に、すぽっと嵌まってしまったような。

    2018年8月25日 01:09

  • 降りては、いけない。へのコメント

    これは……うひゃあ……

    作者からの返信

    >秋空脱兎さま

    貴方が普段のっているバスも、もしかしたら…

    2018年8月25日 01:07

  • 降りては、いけない。へのコメント

    きさらぎ駅……

    作者からの返信

    >あまね つかささま

    憧れの、きさらぎ駅……

    2018年8月25日 01:06

  • 降りては、いけない。へのコメント

    実話じゃないですよね(;´Д`)

    作者からの返信

    >今村駿一さま

    えへへ。どうでしょう(笑)

    2018年8月25日 01:06

  • 降りては、いけない。へのコメント

    「迷家(まよいが)」というアニメを思い出しました。
    あれは世捨て人によるバスツアーだったけど、これは……(。´ノω・`)。

    作者からの返信

    >RAYさま

    「迷家」……おもしろそうですね。
    遠野物語に出てくるマヨイガは私も好きで、小説のネタに使ったこともあります。
    いままで人がいた気配はあるのに、忽然と人の姿がないのって……なんともいえない薄ら寒さがありますよね。

    2018年8月25日 01:06

  • 降りては、いけない。へのコメント

    うわ〜……背筋がぞぞぞとしました。
    バス乗るの嫌になりますね。

    乗ったとして、終バスとうたた寝はしないようにって思いました。

    彼女はどこに消えてしまったのだろうか……今もまだ、どこかを彷徨っているのだとしたら……

    作者からの返信

    >櫛木亮さま

    どこにいってしまったんでしょうね、彼女。

    ちなみに私も、夕方ですが仕事帰りにバスに乗っててそのまま眠ってしまい、はっと気がついたらバスには誰も乗客はおらず、運転手すらおらず、バスは路肩に止められていて、しかもドアに鍵がかかってて出られない……という状態になったことがあります(笑)
    マジ焦りました(笑)

    2018年8月25日 01:04