第16話「受付嬢」

 記憶を頼りに里山の道を走ると、大門が見えてきた。

 左手に刀を携えた龍泉寺りゅうせんじ琴律ことりは足を停め、無人の門の前に立った。

 普段なら、巨大な二人の門番が立ち塞がっているのであろうが、彼らは現在、中津國なかつくに——つまり生者の住む世界に出向しているところである。

 琴律は明るい陽射しに目を細めて巨大な門を見上げると、なんの警戒もせず、木造りの門扉に掌を当てた。さすがに門錠がかけてあると見え、みしりとも動かない。

 打刀を地面に置き、琴律は全身を翻すと、門扉に回し蹴りを放った。

 物凄い音が辺りの里山に響き渡り、遠くにいた鳥たちが羽撃はばたいて逃げ出したが、門は固く閉ざされたまま開く様子はない。

 ためいきを吐き出した琴律は、傍に置いた刀を取り上げ、構えて抜こうとした。そのとき。

「——おうおうネエチャン。なんや、お顔に似合わぬ乱暴狼藉を働いてくれてンなァ」

 はきはきと勢いのある美声が、門の上から降ってきた。

 続いて人影が大門の上から飛び降り、琴律を飛び越して、その背後に着地する。

 振り向いて見ると、着物の上にエプロンを着けた、ひとりの女の姿がある。

 モデルのような長身美人が、射抜くが如き眼光で琴律を睨みつけていた。まっすぐ長い黒髪にグラマラスなボディスタイル、そこに纏った梅重色うめがさねいろの着物と白いエプロン。そしてお世辞にも穏やかとは形容できない顔つき。琴律よりも、更に少し背が高い。

 琴律はその服装に見覚えがあった。

「ヰさん——ではありませんね」

「おう、あたしか。ゑちゃんや。……ヰ子から聞いてんで。お前ら新顔のエトピリカが根之國ねのくに見学しにきて、そん時も随分と好き勝手してくれよった、うてな」

 ゑ鯉と名乗った女は、すっと手を伸ばして、琴律の額に人差し指を突いた。

「……」

「お前、なんやこのエっロい格好。露出過多やで」

 琴律のエトピリカの装束を上から下までじろじろと眺め、ゑ鯉は呆れたような声を出す。

「……手を離しなさい、不躾な」

「ふん」

 一瞬、琴律の額から指を離したゑ鯉は、そのまま琴律の顔面を掌で覆うようにして掴んだ。

「んなっ」

 いきなり繰り出された脳天締めアイアンクローを喰らい、余裕の態度を崩された琴律は、取り乱す姿を隠せず慌てふためく。

「この——離しなさいと言っているでしょうっ」

「離すかい、阿呆あほ陀羅だら

 ぎりぎりと顔を締め付ける手を振り解けず、琴律は思わず、持っていた刀を抜く。

 横一文字に振り払われた刀を、ゑ鯉は跳び上がって躱した。右手は琴律の顔から離さぬまま、逆立ちのような格好になる。

「死んだ後で此処こっから逃げようとしやがる阿呆は仰山ぎょうさんおるけど、生きとってやって来る暴れもんなんて、これまでおれへんかったからよ」

「く……」

 焦って振り解こうとする琴律の顔面からようやく手を離し、ゑ鯉は宙で身を翻らせると、爪先で琴律の顎を蹴っ飛ばした。

 無様に地に転がる琴律の傍らに、ゑ鯉は軽々と着地した。

「なんぼエトピリカやうて、そないな悪い子を、ドウゾお入り、て中に入れて差し上げるかい。寝惚ねぼけたこと抜かすなや」

「——ゑ鯉さん姉さあん」

 またも、頭上から声がかかった。今度は本当に、琴律も聴き知った声である。

「ヰ子さんっ」

 門の上から、知人の姿が飛び降りてきて、琴律の前に立った。

「おう、ヰ子。来よったな」

「姉さん、おそなりまして、すんまへん。——どうも琴律さん。ご無沙汰しとります」

 引きつった顔で、ヰ子はぺこりぺこりと二人に頭を下げる。

「ヰ子、挨拶やええから。この姐チャンにお仕置きや」

「へえ。——琴律さん。こないな無法いけず、堪忍しとくれやす。あんまりうち、エトピリカの皆さんに痛いことしとないんどすわ」

「ヰ子さん……」

 物腰は対照的だが同じ服装をした二人が、琴律を通さじと門前に並ぶ。

「——しかし、あのガキタレぁほんま、肝心なときに番兵しとらんで、なに呆けてんねん。役に立たんで給料もらいやがって、うすらボケどもがぁ」

 この場に居ない阿吽をそしり、ゑ鯉は舌打ちをする。

「ほんまにあのボケらはかおだけやなッ。なあヰ子」

「へ、へえ……」

 いきなり話を振られ、面食らった様子でヰ子が生返事をする。

「仕方がありません。それならこちらも、力尽くです」

 再び威勢を張り直し、琴律は身を起こす。左手に鞘を持ち、右手に抜き身の刀を構える。

「へっへっ。っそい刃物ヤッパやのう、姐チャン」

 腰に手を当てて、ゑ鯉がにやにやと笑う。

ながドス振り回せば、あたしらがびびると思てんのか? 根之國の受付嬢もナメられたもんやで」

後生おねがいどすわ、琴律さん。うちらもお仕事でっさかい、ここをお通しするわけにはゆかへんのどっせ」

「……」

 ヰ子の表情かおには未だ、琴律に対する申し訳なさが色濃く残っているように思えた。琴律は、まずおどおどとした態度のヰ子を一発打ち据え、手強そうなゑ鯉からは隙をついて逃げ出してやろう——と算段する。

 琴律はヰ子の方へ、黒い刀を向けた。

「私も、帰れと言われて、はいそうですかと引き下がりはしません。通してくださらねば——」

「斬る、ってか?」

 ゑ鯉のにやにや顔が、ふっと真顔に変わった。

 一拍の間を置いて、ゑ鯉の回し蹴りが飛んできた。琴律は反射的に刀の鞘を前へ繰り出し、ゑ鯉の長い脚を受け止める。

 腕がびりびりと痺れるほどの衝撃をまともに受け、琴律は柳眉を歪める。

「くぅ……」

「おらおらあ」

 まるでミサイルのような人間離れした勢いで、ゑ鯉の脚が次々と繰り出される。それを琴律は必死で鞘で受け、捌く。ゑ鯉の着物の裾がはだけるが、そこから覗く太腿に目をやる余裕など、琴律には有りもしない。

「おうおう。長い棒っきれで防ぐんがやっとか? ケンカの方も、可愛いネエチャンやなあ。ああ?」

(こんな……これほどに……)

 これだけの高速攻撃を連続で繰り出しながら、無駄口を叩きこちらを揶揄からかう余裕があるのか……と琴律は焦る。

 繰り出されるゑ鯉の蹴りは次第に捌き切れなくなり、琴律の白い肌に突き刺さる。重いキックを受けて、身体が噴っ飛ばされそうになる。

 自分よりも、ゑ鯉は遥かに強い。

「ええいッ」

 鞘と刀を捨て、琴律も前蹴りを繰り出した。

 ずどん、と長い脚同士がぶつかり合う。琴律の脹脛がびりびりと痺れた。

「おらよっ」

 ぶつかり合った脚を支点にして、ゑ鯉がもう一度身を翻した。軽くジャンプして、反対側の脚で琴律の横っ面を蹴っ飛ばす。

 琴律は声もなく、再び地に転がされた。

「ああ、つまらんわ」

 軽業師のような動作で着地したゑ鯉は、手脚をぶらつかせながら、琴律の姿を眺める。

「痛いすねぇ思い切り蹴ったろ思うてんけど、お前、脚絆レガース着けてんやもんよ。ゑ鯉ちゃんキック、あんまいたなかったやろ?」

(冗談ではない……)

 痛くなかったどころか、弁慶の泣き所を蹴られないように精一杯だったため、他の箇所は蹴られ放題であったのだ。

 しかも、かなり手加減をしてくれていた様子ではないか。実力が違いすぎる。琴律は顔をしかめた。

 無様に這いつくばって刀を拾い、身を支えて立ち上がった琴律は、肩で息をする。蹴られた頬が痛み、涙が出てくる。

「ヰ子ッ」

「はいっ」

 琴律の目の前に立つ二人の姿が、四人に増えた。

「あっ!?」

 思わず声を漏らした次の瞬間、背後から腋の下へ腕が差し込まれ、琴律は羽交い締めにされてしまった。

 身動きの取れない琴律がもがくうちに、四人が八人に増え、八人が十六人に増える。

 顔姿はヰ子・ゑ鯉の二人分しかないが、何十人もの“ふたり”それぞれが違う動きを取っており、それらが瞬時に琴律の周囲を取り囲んだ。

 増えたうちの二人が琴律の両脚に飛びついてきて、脹脛ふくらはぎを抱えて攫う。琴律は仰向けの格好で地に引き倒されてしまった。

「これは、一体、なんですっ……どういうことですっ」

 寝転がされたまま、長い両脚を持ち上げられ、両膝が肩の上に来るように腰を折り曲げられる。背が丸まり尻が浮かされ、丈の極端に短い装束からは淡いブルーの下着が丸出しにされる。

 白い雲がぽつんぽつんと浮かぶ青空のもと、草と土の匂いに包まれながら、琴律の取らされた格好はあまりに屈辱的であった。

 ひとりのゑ鯉が横に立ち、足袋に草履を履いた足で琴律の右手首を踏みつけた。

「うっ」

 琴律は思わず、刀を離してしまう。黒い打刀は手から地に落ち、艶の消えた刀身が陽光を受けて、鈍い輝きを放つ。

「ふん。どうせお前、大人しそうなヰ子やったら、簡単にやれると思たんやろ。甘いねん」

 ゑ鯉は体重をかけ、なおもぎりぎりと琴律の手首を痛めつける。

「うあ……あ」

「この子はな、殴る蹴るしかようせぇへん阿呆のあたしなんかより、悧巧者りこうもんやし、余程よっぽど剛毅な女やぞ」

「……」

「エェこら、なんとか言うてみぃ。可愛い顔して、デカケツ晒しやがって」

 別のゑ鯉が、琴律の丸い尻を下着の上からぺしん・・・と引っ叩いた。

「きゃあん」

 思わず、色のついたような声を上げてしまった琴律に、ゑ鯉の切れ長の目が更に切れ上がる。

「——おらぁガキぃ! ナメとったら承知せえへんぞボケぇ」

 手首を踏みつけていたゑ鯉が、琴律の脇腹を蹴り込む。

「がうっ」

 胃液が込み上げ、口から漏れた。あまりの痛みと反吐へど臭さに、琴律は涙を滲ませる。口中に臭いものが溜まる。

「う、がああ」

 淑女にあるまじき声で、琴律は苦悶する。しかし力が入らない姿勢で固められ、身動きひとつ取れない。呼吸すらも満足にできない。

 琴律の周りに、十数人もの“ふたり”が集まった。

「琴律さん。もう仕舞おしまいにしとくれやす。うちら、職務おやくめですねん。琴律さんに意地悪いけずしてんのとちゃいますのんどっせ」

 ひとりのヰ子が膝をついて屈み込み、琴律の顔を覗き込みながら言う。眉がハの字に下がり、本当に琴律を案じているようであった。

 一方、ゑ鯉は鋭角に吊り上げた眉で憎々しげに、琴律と傍の刀とを睨みつける。

「……ガキタレが、物騒な玩具おもちゃ振り回しくさって!」

 琴律の手から落ちた打刀を、何人目かのゑ鯉が蹴り飛ばそうとした、その瞬間。刀身から黒焔が立ち昇り、蛇のようにゑ鯉の足に絡みついた。

「うおっ」

 咄嗟に身を捻ることもできず、ゑ鯉は両脚、続いて胴を、黒い揺らめきに絡め取られてしまう。

「なんやあ!?」

 捉え所のない不気味な焔を引き剥がそうと、ゑ鯉は両手でそれを追った。が、焔はますます大きく燃え、ゑ鯉の全身を包み込む。

「わあああ」

「ゑ鯉さん姉さんっ」

 何人かのヰ子が胸元から呪術符おふだを取り出し、一斉にゑ鯉と刀へ向かって投げつける。しかし札はなんの力も持たぬ紙切れとして、ひらひらと地に落ちた。

 ヰ子は青ざめた顔で何もできぬまま、ゑ鯉と琴律とを交互に見遣る。

呪術符おふだが効かへんやなんて……まるで、まるで」

「……なんや、あれ」

 己の分身が焔に灼かれるのを茫然と眺めながら、残ったゑ鯉たちは、琴律を遠巻きにしたままでいる。

 それを隙と見て、琴律は素早く起き上がり、手から離れた刀に駆け寄って拾い上げた。

「あっ! お前——」

 素早く踏み込み、最寄りにいたゑ鯉の着物を引っ掴むと、琴律は無言で膝蹴りを繰り出した。長い脚から繰り出された一撃はあやまたずゑ鯉の鳩尾みぞおちを貫き、その身を屈させる。

 続いてもう一人、ゑ鯉の髪を掴んだ琴律は、右手の刀の柄頭で相手の脳天をぶん殴り、昏倒させた。

 残ったゑ鯉たちは慌てて琴律の周囲に集まり、取り囲んでくる。その様子を目にした琴律は、左手で掴んだままだったゑ鯉の首筋に刃を当てた。

「……」

「このっ——ど腐れガキがあ! こないなとこで人殺ししてみい! しばき倒して、黄泉國よもつくにへ直行さしたるからな!」

「琴律さんっ、もうおよしやす……」

 唾を飛ばして吼えるゑ鯉と青褪めるヰ子とを睨みながら、琴律は低い声で、

「——離れなさい。道を開けなさい」と命ずる。

「いちびんなやボケッ」

 幾人かのゑ鯉が一斉に踏み出した瞬間、琴律は右手で握りしめていた黒い刀を逆手に持ち直して、ざく、ざく——とゑ鯉の髪を根元から刈った。

 手の中の束に琴律が息をふっと吹きかけると、髪はねっとりとした黒いほのおをあげて燃える。投げつけるようにしてばら撒くと、毛の一本一本が意志を持つかのように、琴律の周りをぐるりと取り囲んだ。ゑ鯉の刈られた髪の毛は禍々しい焔を噴き上げ、ゑ鯉たちの接近を阻む。

 琴律は焔の中で一歩踏み出し、倒れたゑ鯉に近付く。

「せっかく、美人さんでしたのに……勿体無い」

 気を失っている間に艶やかな長髪をベリーショートにされてしまったゑ鯉の着物を、琴律は引っ張り上げるようにして脱がせる。

 左手に搔き抱いたゑ鯉の立派に張った乳房を、行きがけの駄賃とばかりに揉みしだいて遊んだ後、琴律はゑ鯉の首根っこを鷲掴んで、焔の中へ突っ込んだ。

 意識を失っているゑ鯉は声もなく焼かれ、髪と皮膚の焦げる臭気をあげ始める。

「こっ、こっ、このガキ……いったい何してくれてんねん……何の冗談や! どたまおかしいんか!」

「琴律さん! 何ですのんこれっ? こないな所業いけず、まるで尸織シオルのしはることどっせ!? エトピリカやのうて、尸織になってしまいはりましたん!?」

「……」

 どす黒い焔の外からヰ子らが悲痛な叫びを上げるのを聞きながら、琴律は刀をぶら下げて、のっそりと立ち上がる。

 黒き焔を透かしてその奥に見えた少女が、ヰ子からは羅刹女らせつにょの如く恐ろしく思えたのであろう。

「う、うち、怒りますえぇ!」

 ヰ子が琴律に負けじと、幾枚もの護摩符ごまふを頭上に投げあげる。紙のふだは白い鳥へと変化へんげし、黒い焔を乗り越えて琴律に襲いかかる。

 鳥たちは琴律の髪やら顔やらを目掛けて、くちばしを突き立てようと飛来する。しかしそれらは、いかにも非力な只の鳥に過ぎず、琴律にダメージを与えるには至らぬ様子であった。

「いややわ、なんでぇ!? うちしきが……」

 纏わりつく一羽一羽を素手で掴んで捻り殺しながら、琴律はゆっくり歩いてヰ子の方へ近づく。首やら羽やらをし折られた鳥たちは、琴律の足元に捨て落とされると紙の札へと戻り、小さな火をあげて焼けた。

「琴律さん、すんまへん! ほんまにすんまへんっ! ゑ鯉さん姉さんっ……うち、なんぼ打っても、呪術符おふだがあかんのどす……堪忍えぇ!」

 ヰ子はもはや泣き声である。

「そんなん要らんわ。手ェ出すなやヰ子」

 ヰ子に迫る琴律の前に、ひとりのゑ鯉が立ちはだかった。

「ようやってくれたわ。けどな、お前みたいな悪ガキひとりをしばかれへんようでは、根之國の受付嬢やなんてやってられへんねん」

 それは受付嬢どころか、闘士か狩人——或いは、もはや猛獣を思わせる顔つきであった。切れ長の美しい目をぎらりと光らせ、闘志というよりも敵意を全身から朦々もうもうと噴出していた。

 琴律は素早く周囲に視線を走らせ、幾人にも分身していたはずのゑ鯉が消失していることを確認する。

「……貴女お一人ですか」

「おう。もう、猪口才な小細工無しや。お前もそのクソみたいなヤッパ捨てて、このゑ鯉ちゃんと拳骨ゲンコでタイマン張れや」

 返事も待たず、ゑ鯉は琴律に駆け寄り、刀を握った左手を蹴りつけた。

 刀は手から離れ、琴律の後方へと落ちる。

 続いてゑ鯉は身を翻し、琴律の片足を踏みつけ、鎖骨あたりの胸元へ拳を叩き込む。渾身を乗せた一撃であろう、琴律には重すぎる殴打であった。

「おおらぁ! どやぁガキぃ!」

「ぐぅ……!」

 琴律は一瞬仰け反ったが、素早くゑ鯉の胴体へ組み付き、大きく口を開けて、至近距離めのまえにあった乳房の膨らみに噛み付いた。

 身も世もなく絶叫をあげたゑ鯉のエプロンを引っ張り、琴律はその下に着ている着物に手を突っ込んだ。肌襦袢はだじゅばんをまさぐり、下からも内腿に触れる。暴漢の如き手付きで、琴律はゑ鯉の乳房を揉みしだいた。

「ちょっ、何してんねんお前! 遊んでんのかっ」

 たまらず離れようとしたゑ鯉の手を、琴律は握って離さない。

 焦って琴律を蹴っ飛ばしてやろうとしたゑ鯉であったが、その足が動かせないことに気付かず、更に焦りを募らせる。

「くそっ、なんやこれっ。離せやおいコラっ」

「ゑ、ゑ鯉さん姉さん……」

 ヰ子の震え声で我に帰ったゑ鯉は、己の左足に、真っ黒な打刀が突き立てられているのを見た。

「はあ……?」

 刀はゑ鯉の足の甲を深々と貫き、履いている足袋と草履と、地面とをしっかり結んでいた。

 血がじくじくと染み出して、白い足袋を赤黒く染める。

「——遊んでいるように見えましたか?」

「おお、お、お前ぇ……」

「そんな暇は無いんです。残念ですが」

 琴律は荒い息を整えながら、掴んでいたゑ鯉の手を離した。ゑ鯉は蹌踉よろめき、尻餅をく。

 尻から足に衝撃が走り、ゑ鯉は痛みを堪えきれず絶叫した。

「く、く、く、く、クソぉ」

 ゑ鯉は気丈にも、身を起こしてつかつばとに両手で縋り付き、左足から刀を引き抜こうとする。

「こんっ、こんな、もんっ……」

 しかし黒き凶刃は根が生えたかのようにぴくりとも動かない。

 涙を浮かべて痛がるゑ鯉の上半身を琴律は蹴倒し、土が着いて汚れた靴で、造作ぞうさくの整った顔を踏みつける。

 体重をかけると、琴律の靴裏とゑ鯉の顔とが擦れあって、じゃり、と音が立った。

「おンどれァ、くそ、ガキぃ……」

「刀、抜いてほしいですか」

 綺麗な口元にうすく微笑を浮かべて、琴律は問うた。

はよう抜けやボケオラぁ!」

「では、エプロンと着物を脱いで、裸を見せてください。襦袢まで、全てです。その上で、私に謝ってください。——あっ、左右の足袋たびだけは脱がなくて結構です」

「ふっざけんなクソ!」

「……そうではないでしょう」

 琴律は一旦足を上げ、ゑ鯉の顔面を再度踏んだ。体重をかけ、二度、三度と靴の裏を落とす。ゑ鯉が鼻血を噴いた。

 美しい年上の女に対して抱く優越感であろう、琴律は完全に加虐の快美に酔っていた。

 琴律はしゃがみ込んで、土と血と涙で汚れたゑ鯉の顔を掴むと、無理やりその口を開かせた。

「おっ、ご……!」

「謝れないのなら、私の唾を吞んでください」

 ゑ鯉の口の上で、琴律は舌を突き出す。

「——え、え、ええ加減にしよし!」

 たまらず、ヰ子が声を上げた。

「琴律さんっ、ゑ鯉さん姉さんいじめんの、よしとくれやすっ。うちほんまに怒りますえっ」

 それは相変わらず震えた声であったが、琴律は舌をちっと鳴らして、そちらに目を向けた。

「……ヰ子さんに免じて、乱暴はもうやめてあげましょう」

 しゃがんだ姿勢のまま、琴律は掴んだゑ鯉の顔を己に近付けた。そして、土の付いたままのゑ鯉の顔を両手で挟み込むと、出し抜けにその唇を吸った。

 ヰ子も、当のゑ鯉も、思わず我を失い、目を見開いたままで硬直する。

 半開きの口の中へ舌を捻じ込み、双方の唾液を混じり合わせ、舌同士をうねらせ絡める。舌の粘膜同士が摩擦して立つ音と、琴律がゑ鯉の唾液を啜る音とが、青空の下の里山に広がる。

 琴律はたっぷり時間をかけ、気の済むまでと云わんばかりに、年上の美女の口腔内および唾液の味を楽しんだ。

 やがて大きく鼻息を漏らし、糸を引かせながら口を離す。

「——はあっ!?」

 思わず間の抜けた声を発して口を拭ったゑ鯉の足から、琴律は刀を抜いた。血が噴き出し、ゑ鯉は苦悶の呻きをあげて転げ回る。

「時間を取ってしまいました。先を急ぎます」

 ゑ鯉の着物の袂で刀の血を拭い、琴律は歩き出す。立ち尽くすヰ子の目の前を無言で通るが、万策尽きたらしきヰ子は、エプロンを掴んで唇を噛み締め、目に涙を浮かべて琴律の顔を見ているばかりである。

 鞘を拾い上げて刀を納め、大門をくぐって、琴律は駆け出した。

「クソぉ待てコラあーっ! ガキい! ぶっ割いてしばき倒したるァーッ!!」

 蒼い空の下には、ゑ鯉の怒号がいつまでも響いた。

 さらさらと流れる水音が、耳に心地良かった。

 青い空のもと、見渡す限りの白い地面に砂利が敷き詰められ、その上に所々、小さな石の積み重なった、鏡餅めいたものが置いてある。

 空子は一度深呼吸をしてから、肩先を飛ぶ阿吽に声をかけた。

「ねえ。ここって、まだ根の国?」

「左様でございます」

「ほぼぎりぎりと云ったところではございますが」

「まさに根之國ねのくにの果て」

「幼くして死んだらが黄泉國よもつくにへと渡る境界線」

「いわゆる三途川さんずのかわ

賽河原さいのかわらでございます」

 阿吽の案内により根之國を縦に走り抜け、とうとう賽河原に辿り着いた空子が真っ先に抱いたのは、「静かできれい」という印象であった。

 ここで琴律は、何を仕出かそうというのか。

 空子は友人が凶行に及ぶ姿を想像すると、恐ろしくて堪らなかった。

 琴律がどんな夢を見たのかは分からない。本人も語らない。しかし、大きな刀を持った人間がすることといえば、そう多くはないはずである。

「ねえ、ここにコトちゃん来てるんだよね?」

「左様でございますね」

「此処は根之國の中でも殊更に広いエリアでございまして」

「琴律様お一人を探し出すのは大変根気の要る事かと存じます」

「ええ……じゃあここを探し回らなきゃってことぉ?」

 うんざりした顔で、空子は再び走り出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます