第14話「離別」

「神社にたァ、最悪だ」

 昔の不良学生のようなポーズでしゃがんだけいが、憮然として空を見上げた。

「姉さまが早まったことをしなければ。こんなことにはならなかった」

「ごめんってば! どうしたらいいか分からなかったの!」

 無表情な妹に叱られ、萵苣れたすが掌を合わせる。

 雨天も手伝ってなんとか消火はできたものの、社殿の格子戸は燃え失せてしまい、床にも天井にも焦げ跡を作ってしまっていた。鏡を護るように張り巡らされていた注連縄しめなわは琴律の不敬によって踏み千切られて、今すぐには修復などし難い状況であった。御神体の鏡が無事なのが、不幸中の幸いであるといえた。

 四人のエトピリカらは社殿から這々の体で逃げ出し、雨を避けて神社の裏手のもりに身を潜めていた。空子そらこは一人、周囲を歩き回ったり、高いところに飛び乗ったり、落ち着かぬ様子でうろうろとしていた。

「しっかし、仏さん二人は、つくづく使えねえなァ」

 景が嫌味ったらしく呟くと、当の阿吽あうんらはすぐに飛来し、深々と頭を下げる。

「大変申し訳ございません」

「尸澱や醜女が立ち入れぬ神社に居ながら」

「よもや内部から破られるとは思いも寄らず」

「我々の力不足故にこのような」

「——もういいって。これより、コトちゃんだよ」

 空子は鳥居の上から飛び降りて来て、杜の茂みに腰を下ろした。

「あと、聖亞センパイも」

「あ? 河津聖亞かわつせいあかよ?」

 景が訝しげに空子の顔を覗き込む。

「なんで、あんな女」

「センパイ、カラダ獲られちゃってるんだよ。橋姫に」

「知ってるわ。それって、あたしが教えてやったろ」

「うん。……センパイ、泣いてた」

「はっ? 泣いてた?」

 景が間の抜けた声で訊き返す。

「うん。あたし、さっき夢で見た。カラダ失くなって、自分なのに、自分がどこにいるか分かんないんだって」

「……」

 景が無言で空子の頭を撫でる。夢の話で悲しんでいる同級生が、景にはどうにも幼く、たまらなく切なく感じられた。

「あの子は。自分の容れ物から追い出されて。それを好き放題に使われているの。行き場の無い中身だけが。宙ぶらりんで彷徨さまよっている」

 蕃茄とまとがぽつぽつと言葉を紡いだ。

「それってさ! どっかでその中身を見つけてあげようよ! それを私らが身体に無理やり押し込んだら、橋姫が逆に追い出されちゃうんじゃないかな!」

 やたら元気に萵苣が提案する。

「姉さま。肉体を抜けた“おもい”なんて。どうやって見つけるの。形のあるものではないのだから」

 蕃茄はふうと息を吐き出しながら、姉を嗜めるように呟く。

「——でもさ。例えば、空気も目には見えないけど、風が吹いたら、空気が動いたぞーってのは分かるよねえ? そんなふうに、気付いて、見つけてあげることってできんのかにゃー?」

 そう言って、空子は立ち上がった。

「……」

 蕃茄は無表情のまま、空子の顔をじっと見た。

「……分からない。そうやって見つけたとしても。肉体に戻すことなんて。できるのかどうか。でも」

 蕃茄も腰を上げた。

「とりあえず私としては。龍泉寺さんが心配。いろいろな意味で」

「あの、莫迦ばかったれが……いきなり変な格好したかと思ったら、なんだよ、あの長刀ヤッパ

 空子の頭をぐりぐり撫でながら、景が苦々しく呟く。

 空子はされるがままになりながら、蓬莱姉妹の方に向き直る。

「コトちゃん、あちらへ行くって……どういうことなんだろ」

「普通に考えたら、根之國ねのくにだよね!」

「だろうな。おにがどうたら言ってたからな」

「やっぱし……」

「ってことはコトの莫迦、長刀ヤッパ提げて、誰か斬ろうっつうのか? わざわざ彼奴あいつが斬らんでも、死人の往くとこだろうが、あそこ」

「——まさか」

 蕃茄が顔を上げて、皆の顔を見渡した。

「黄泉。——とか」

「よみ?」

 空子は言葉の意味がすぐにはわからず、蕃茄の言葉を鸚鵡返しにする。

黄泉國よもつくに

 阿吽がふわりと寄ってきた。

「お亡くなりになった方が」

「根之國からそれ以上綺麗な処へくことなく堕ちる場所」

天津國あまつくにとは対照的なところ」

「寒く暗いところでございます」

「ゲヘナ」

「つまり地獄とでも呼べば分かり易いかと存じます」

「じじじ地獄ぅ!?」

 穏やかでない単語に、空子は思わず飛び上がる。

「コトちゃん、刀持って、地獄へ行っちゃったってこと!? 何それ、そんなことできるの!?」

 思わず詰め寄るようにして問うと、蕃茄は空子の目をじっと見返した。

「まだ分からないけれど。可能性は濃厚」

「そんな……」

 空子は脚を震わせながら、半泣きの顔で曇天を仰いだ。

 阿吽はそんな空子の肩先に寄り、解説を続ける。

「幸か不幸か此処ここは神社でございます」

「この社の奥のもりへとったれば」

「根之國までは直行できるものかと」

勿論もちろん黄泉國よもつくになど」

「自由に往き来できるような処ではございません」

「以前皆様をお連れした際も」

「根之國までしかご案内致しませんでした」

「一旦足を踏み入れれば」

「二度と戻っては来られぬ造りになっておりますゆえ

「ふっ」

 景が鼻から皮肉な笑い声を出した。

「そこを戻ってくる奴がたまにいるから、あんたらやあたしらが苦労してるんだろが」

「……」

「……」

 阿吽は二人して押し黙ってしまった。

「ああ——きっと、あれだよ。根之國の『春』って部屋に、髪の毛の化物ばけもんがいたろ。あれを倒そうとかってハラじゃねえか——なんつって」

 口調とは裏腹に、仏頂面もここに極まれりといった風情で、景が口を開いた。

「……」

「えーっ! もし、そういうつもりならさ! コトリちゃん、私らと一緒に行けばいいよね! あんな乱暴してまで、私らを置いてく必要無いと思う! だから、あの怪物とかじゃないよね! きっと!」

 腰に手を当てて、萵苣がぷんすかと主張した。

「うん。……わりぃけど、そんなことは分かってんだ」

「えっ!」

「言ってみただけだ」

「ええええ!」

 思ってもみなかった景の言葉に、萵苣の上半身ががくっ・・・と傾く。

「——で、どうすんだ? 追うなら追おうぜ。あのエロ莫迦バカ女」

「そうだよ! コトリちゃんが根之國に行ったのは、分かってんでしょ!」

「あのね姉さま。まだ分かってはいないの。恐らくそうだというだけで」

「えっ! そうなの!」

 会話の内容をあまり聞いていなかった萵苣は、さらに大きく傾いた。

「それとさ、河津センパイはどうしよう……?」

 空子が恐る恐る切り出す。

「……橋姫は。髪挿かんざしがどうとか言っていた」

「かんざし? ってあの、髪留めみたいなやつ?」

 空子が聞き返すと、蕃茄はこくりと頷く。

「恐らくは。それをあの子に渡して。身に付けさせて。あの子の肉体を好きに操っている」

 そういえば——と空子は思い出す。

 一年前、大地にも何やら菓子を与えて、食べさせたのではなかったか。

 本当の肉体を持たない死者が、相手の欲しがりそうなものを掴ませて、身も心も取り入ろうとしているのだろうか。卑劣だ、と空子は思い、拳を握りしめた。

「ケイちゃん。確かに河津センパイって、あたしたちにひどいこと言ったし、乱暴もしてきたよ。だけど、死んだやつにカラダ獲られたままでいいなんてことないよ。泣いてたもん。あの人あたしに、ごめんって泣いてたもん」

 だんだん震えてくる声と一緒に、空子の両目から、涙が滴り落ちる。

「あのな、クウコ。彼奴あいつは多分もう——」

「助けられるんなら、助けたい!」

「お前……」

 仲が良いわけでもない、むしろ嫌って然るべき上級生を、命懸けで救ってやる事に、なんで此奴こいつはこんなに拘るのか——と景は苛立つ。

 ぐすぐすと洟を啜り上げながら、空子は装束の袖で涙を拭った。

尸澱シオルってさ、『生きてる人の身体』をっちゃうんだよね? ってことは、まだ河津センパイ、生きてるんでしょ? 生きてて苦しんでるんなら、助けてあげようよぅ」

 気絶している間におかしな夢を見て、感傷的になっているのだ——と景は空子の気持を分析する。それなら、と景は空子の頭に手を置いた。

「分かったよ。手分けしようぜ」

「手分け? 別行動するってこと?」

「そうだ。お前、コトの莫迦を追い掛けて、連れて帰ってこいや」

「ええっ、独りで!?」

「阿吽らと一緒にだよ。根之國あっちに行くんなら、彼奴あいつらと一緒じゃなきゃ無理だろ。それにあたしら大勢みんなで押しかけてったら、あの莫迦ますます興奮して、あの長刀ヤッパ抜いて振り回しかねんぜ。そうなったら目も当てられんからな」

 景の話を、空子は黙って聞いた。仲間みんなと一緒でなければいやだ——と騒ぐこともしなかった。

 単純に、琴律の方がくみやすいとも思った。

 なにせ上級生のなかには、悪鬼とも呼ぶべき、あの怖ろしい橋姫はしひめが入り込んでいるのだ。それなら、橋姫の相手は腕っ節の強い景や蓬莱姉妹に任せて、自分は親友である琴律を連れ戻しに行く方がましだと思えた。

「莫迦が暴れるようなら、あたしが殴ってやってもいいんだけどな。お前可愛いから、彼奴あいつも言うこと聞くだろ」

「……」

「そんな顔すんなよ。あたしらで橋姫を探して、河津聖亞から引き摺り出して、ぶちのめしてやるからよ。そんで河津が生きてたら、一件落着ってもんよ」

「……うん。分かった」

 景が空子の頭にぽんと手を置き、蓬莱姉妹の方を見遣る。姉妹は揃って、こっくり頷いた。

「ケイちゃん。萵苣れたす蕃茄とまとちゃん。橋姫を——河津センパイを、お願いね」

「おう。任せろや」

「大丈夫! 私ら、強いからね!」

「心配しないで」

 萵苣がにこにこ顔で手を振った。その横で、蕃茄が相変わらずの面持おももちで頷く。

 空子は頭上に浮かぶ男たちを見上げ、声を張り上げる。

「阿ッさん、吽ちゃん!」

「はい」

「ここに」

「あたし、コトちゃんを追いかける。追いついて、なんであんなことしたのか、説明してもらう。もし、なんか乱暴な、酷いことしようと考えてるなら、絶対やめさせるよ。だからお願い、あたしと一緒に、根の国へ行って!」

「はい」

かしこまりました」

 空子は力強く頷き、再び三人の方へ向き直った。突き出した右手の親指を立てる。

「じゃ、コトちゃん連れてくるね。帰ったらみんなで、焼肉バイキング行こ!」

 にっこり笑うと、そのままくるりときびすを返す。

「おう」

「お互い頑張ろうね、クウコちゃん!」

「龍泉寺さんを。よろしく」

 三人の声を受け、空子はダッシュで境内の奥へ向かう。続いて阿吽が三人に深々と頭を下げ、空子を追いかけた。

夏海なつみさん。どうして。天美あまみさんを独りで行かせたの」

橋姫はしひめのことは、彼奴あいつには荷が重いだろ。学校の先輩まで絡んでんだ。厭なクソ女だけど、あのちび・・はどういう訳か、助けたがってる」

「クウコちゃん、優しいんだね! 意地悪されたのに、泣いてまで助けてあげたいんだね!」

「単純に、人が死ぬってことが怖いんだろ。あたしだってそうだよ。彼奴あいつもあたしも、まだガキだからな。しかもそれが、自分てめえの手で助けられたかも知れん……ってんなら、どんな厭な相手が死ぬんだとしても、怖くてたまらんよ」

「……」

「ま、無下に死なすことはえわな。あのクソ女にだって、親はいるんだ」

「夏海ちゃんも優しいね!」

「うるっせぇ」

「分かっているとは思うけれど。あれは私達三人で。何とかできる相手ではない」

彼奴あいつらが戻って来るのを待てってか。待って、戻って来りゃラッキーなんだがな。……それでも、あの鬼に勝てるかどうかは知らんが」

「……」

「ま、あのちび・・助と一緒にやるよりゃ、気は楽なんじゃねえ? ダメだった時、あたしらのせいにすりゃ済むんだからよ」

「その後は。どうするの。天美さんが一人で帰ってきても。龍泉寺さんと二人で帰ってきても。河津さんに傷をつけず。橋姫だけを倒すなんて」

「ま、無理だろうな」

「えーっ! 夏海ちゃん、その後まで考えてた訳じゃなかったの!」

「仕方無ぇんだよ。団体さんであっちへ行って、コトを探して、引っ張って帰る時間なんて無ぇだろ。こっちにいる橋姫をぶっ倒せなきゃあたしら、仲良く根之國あのよ行き、黄泉國じごく行きだ」

 空子は走った。暗くて怖いのを我慢して神社の杜へ分け入り、無言で稲荷の階段を駆け上がり、阿密哩多アムリタの滝に飛び込み、黄泉比良坂を駆け上がって、道反ちがえしの岩戸の前へと辿り着いた。

「わー! 何これひどいっ」

 生者と死者の世界を隔てるべく、この場で永き時を過ごす最古の岩戸・道反ちがえし大神おおみかみおとろし・・・・は、見る影もなく破壊されていた。

 立ちすくむ空子の足元には注連縄しめなわがちぎれて落ち、ばらばらにされた表面にはあの恐ろしい顔も見えず、ただの崩れた岩として散らばっていた。

 琴律が力任せにじ開け押し通ったのは明白であった。

「阿ッさん……これって、こんな簡単にぶっ壊されちゃうもんなの……」

「いえ」

「どんな怪力があろうが」

「おとろし様を殺め岩戸を砕くことなど」

「人の身には不可能でございます」

「おとろし様則ち岩戸とは謂わば“境界”を視覚的に示すものにすぎず」

「我々阿吽がこの場でおとろし様及び根之國に申請し許可を受けた者でなくては」

「生と死の垣根を乗り越えることなど不可能でございます」

「それなら、なんで……」

 阿吽は少し黙り、考える様子を見せた。

「あの刀でございましょうね」

「琴律様が創り取り出されたあの打刀うちがたな

「あれが琴律様のエトピリカとしての力と共鳴し」

「琴律様の“念い”を」

「古き神の力をも斬り伏せてしまう破壊の力へと変換してしまったのでございましょう」

「そっか……じゃああの刀が悪いんだね? あの刀のせいで、コトちゃん、悪くなっちゃったんだね!」

 空子は落ちている注連縄を残った岩にかけ、合掌して拝んだ。

「コトちゃんが、すんませんっしたっ」

 そして、

「急ごうっ。案内してっ」

 阿吽の返事を待たず駆け出した。

 阿吽は顔を見合わせ、その背を追う。

「生者よりも死者に近き者でなければ」

「独りで道反ちがえしの岩戸をくぐることなど出来ぬ」

龍泉寺琴律りゅうせんじことり

のためにおもい溢れ自ら生をてようてか」

「うら若き乙女が生者の姿なりを棄て」

「死者として他を生かさんとする」

「人とは業深ごうぶかきものよ」

「哀れだがそれもまた人の行いか」

「我等の手出し口出しは無用」

「為すべきはただ見守る事のみ」

「行く者にははなむけを」

「残る者にはさちを」

願以此功徳がんにしくどく

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます