第10話「姉妹」

 日付が変わって、午前零時半。

 三人の少女たちは、夏海なつみ邸二階の東側に位置するけいの部屋に集まり、車座に腰を下ろして、小さな半裸の男たちの話を聞いていた。

 男たちは、以前と同様に、この部屋の中だけ時間の流れを遅らせているのだという。

「——ああ? ってことは、あの仏さんたち——」

「左様でございます」

「あれらは浄土真宗開祖親鸞しんらんの昔よりあの寺に棲み着いていた尸澱シオル

偶々たまたま入り込んだものが阿弥陀仏像であったため」

「人々に拝まれ続けた挙句」

「肉を喰いたい甦りたいという欲すらっくに忘れ去ったものらしく」

「暗がりにて暴れ回り人を驚かす以外にはとくに何を仕出かす訳でもございません」

「この中津國なかつくにに永らく居続けたため」

「今となってはもはや神仏と呼び遣わしても差し支えの無い存在でございます」

「誠に失礼ながら」

「そのような存在に対しエトピリカとして経験の浅い皆様が『楽に勝つ』というのは」

「あるべくも無いことでございまして」

「なに?」

 景が阿吽を睨みつけた。

「あんたら、どうせ勝てんと踏んだ相手に、あたしら素人をぶつけたんかよ!?」

 立ち上がり、宙に浮いた吽形を捕まえる。

「勝てんってことは、死ぬかも知れんってことだろうが! あたしらは使い捨てかよ!? 生き残ったら使える、死んだら使えなかった——って、それだけのことかいッ! ええ!?」

 憤りのあまり、吽形をつかんだ握り拳を振り回して、阿形をぶん殴ろうとする。

 阿形は景の大振りフックをひらりと躱し、静かに畳に降り立った。

「夏海さん。どうか落ち着いて」

 蕃茄が慌てて景に駆け寄る。

「景様」

 蕃茄に羽交い締めにされて鼻息を荒げる景の顔を見上げ、阿形は続けた。

「先程のイオマンテはあくまでも研修でございまして」

「あの尸澱らも皆様を本気で殺めようなどは考えておりません」

「またも言葉は悪いのですが」

如何いかなエトピリカといえども」

「たかだか人の小娘などを死なせて幾人かの肉を喰らったからといって」

「甦る為の腹の足しになるわけでもございません」

「戯れにこちらから突ついて起こし」

「目を覚ました“仏様尸澱ほとけさまシオル”の胸を借りる」

「その程度のつもりでございました」

「それを」

 ふと、阿吽らは言い難げに口を閉じた。

「——私たちが。本気にさせてしまった。と」

 蕃茄が代わりに口を開いた。

「はい」

 阿吽が揃って頭を下げた。

「空子様をはじめ皆様の背に光翼こうよくが生じた時」

「如来像の尸澱は二体の菩薩像を招き皆様に襲いかかって参りました」

「皆様を脅威と感じたのでございましょう」

「そっか! 私らが、強すぎたってことだね!」

 萵苣が腰に手を当ててふんぞり帰る。

「左様でございますね」

「結果から申せば」

「それは 慥かに仰有るとおりでございます」

しこうしてそれらをも皆様は」

「腕の一本眼球めだまの一個をもうしなうことなく」

「いとも簡単に倒してしまわれました」

「何百年の時を永らえた御仏みほとけに等しき存在を——でございます」

「それほど皆様の光翼は力強いものであると云えましょう」

 そこまで喋った阿吽が、再び押し黙った。

「……それで」

 代わりのように景が口を開き、低い声を出す。

「そのコウヨクってのは、あたしらにどうやって生えるんだよ。で、それが生えてるときのあたしらは、具体的にどうなってる? クウコが切っ掛けになってるのは、なんとなく分かってんだが」

 阿形が目をきつく閉じ、大きく開いた。

 吽形は息を吸い、深く短く吐き出した。

「それにはまず」

「エトピリカの何たるかからお話しせねばなりません」

「へっ」

 景は唇を捻じ曲げただけの薄笑いで、クッションの上に尻を下ろし胡座をかく。

 阿形が宙に浮かび上がり、指で大きく枠を描く。その軌跡は実体となり、リビング用テレビのような画面となる。

 画面内には、神道しんとう巫女みこのようなはかま、頭飾りなどを重々しく纏った女性が映し出され、凛々しい戦闘ポーズを取った。よく見れば、その顔には目鼻口が無い。あくまでもイメージモデルということなのであろう。——和服にエプロン姿のヰ子は現れず、音楽も流れなかった。

 阿吽は揃って腕を後ろで組み、見慣れた説明の態勢に入った。

「——ご存知の通りエトピリカは女性にょしょう特有の『生命を産み育てる力』を原動力としております」

「知ってるよ。あたしん家に集まったとき、教育ビデオ見せられたからな」

「はい」

「胎内にてらん——延いては生命というものを作り出産し」

を人間として一人前にまで育て上げるエネルギーは計り知れぬものでございます」

「それを外へ向かう力すなわち荒事あらごとに用いる力へと転化させた存在」

「それがエトピリカでございます」

「……」

 景はどこか何かを訝しむように、眉根を寄せて聞き入っている。

「根之國に於きまして初めにエトピリカというものが生み出されたとき」

「それはもう強く荒く大きな力を持ち」

「苦もなく尸澱シオルじ伏せ醜女シコメを粉砕いたしました」

「片腕ひとふりで山ひとつを消し砕き」

「もう片腕のひとふりで暴風雨あらしを噴き飛ばしてしまうほどの戦乙女いくさおとめ

「誇張無しにもまさに鬼神の如き威力でありました」

「それが原初のエトピリカでございました」

「現代からすれば昔々のことでございます」

 画面内では、装束を纏った女性が顔の無い人形たちを相手取り、大立ち回りを演じて見せている。

「しかしそれゆえ」

「健康であったはずの女性にょしょうの身体に」

のフィードバックがかかりました」

「フィードバック?」

「自らふるった力を己で制御できない方が続出し」

「行き場をたがえた力はその代償としてふるった当人へと還り」

「現代で云うホルモン異常や排卵不全等々」

「『女性機能』をいためてしまったのです」

「また戦闘後に多量の排血が見られることも屢々しばしばでございました」

「力を使いすぎた女性や」

「また精神的に戦闘行為に耐えられなくなった女性の中には」

「子を産めない身体にさえなってしまう方もいらっしゃいました」

「かつて子を成せない女が家から社会からどのような目で見られたか」

「我々が説明せずともなんとなくはお分かりでしょう」

「ゆえに根之國ではエトピリカのシステムを見直し改良を重ね」

「現在皆様が変身なさる姿に落ち着きました」

「これにより肉体への負担や副作用はほぼ無くなっております」

「……ふーん」

 景は自ら変身を遂げた際の、沸々ふつふつと煮えたぎるような“力”を思い出す。

 それはテンションの高揚であり、全身筋肉の武者震いであり、抗えぬ破壊衝動であった。苛立ちや憎しみなどといった感情とはまた別の、もっと単純でプリミティヴな——喩えるならば、ザクザクした食べ物を噛みしめたい、痒い処を掻きむしりたい、といった欲求に近かった。

 ——あれでも、まだ改良版だと云う。

 原初の無改良版エトピリカ、という未知の存在に思いを馳せて、景は少しぞっとした。

「改良って。具体的には。何をどうしたの」

 蕃茄に覗き込まれ、阿吽は揃って座卓の上に降り立った。

「一言で申し上げるなら」

「出力を抑えただけでございます」

「有り余る力の噴出を制し」

「女性の身体にかかる負荷を軽減したもの」

「現行のエトピリカであれば」

「健康被害等も直ちには・・・・ございません」

「ふん。その代わり、そこまで強くもありません、てか」

「はい」

「景様の仰有るとおりでございます」

 どうにも、感心できた話ではなかった。

 を産み育てるための女性機能を転化させて暴力を上手にし、自分たちの手に負えない死霊ゴーストやら食人鬼グールやらの管理に当たらせる。

 しかもそのやり方は、人ならざる力を得て襲いかかってくる者と相対して、当人が“変身”しなければどうにもならなくなった状況下での現地調達である。

 此奴こいつらの国の他力本願主義体質のお蔭で、自分たちが如何程の迷惑を被ったことか——と、景は腹の奥がむかむかしてくるのを感じる。

「あっ!」

 苦虫をまとめて五匹ほど噛み潰したような仏頂面を隠す気のない景の横で、萵苣が勢いよく挙手をする。

「私、ひとつ訊きたいんだけど!」

「はい萵苣様」

「どうぞ仰有ってくださいませ」

「その、初めのエトピリカって! もしかして背中に!」

「お気付きになりましたか」

「左様でございます」

 阿吽が揃って目を閉じた。

 景も二人のその顔を見て、はたと気付いた。

「そうか、クウコと同じ……?」

「はい」

「かつてのエトピリカ」

「その背には」

「光翼があった」

「そう聞き及んでおります」

「……」

 景は天井を仰ぎ、ふうっ——と長い息を吐いた。そしてしばらく、誰もが口を開かなかった。

 手をつけられずに座卓に置かれていた麦茶のグラスの中で、氷がからりと音を立てる。

 景はそのグラスを引っ掴むと、残っていた麦茶を一息に飲み干し、氷をぼりぼりと噛み砕いた。

「——今んとこ、クウコがなろうって思えば、あれ・・になれるわけだ?」

「はい」

「あたしらにも、生やそうと思えば、生やせるみたいだよな?」

「左様でございますね」

「改良したってのは、力を抑えただけだ、ったよな」

「仰有るとおりでございます」

「なら、健康被害が出るっつう、根本が解決されたわけじゃねえよなあ?」

 短い沈黙を挟んで、阿吽は「はい」と頷いた。

「あたし、さっき急にセーリ来たんだけど」

「……」

「……はい」

「めっっちゃ量多かったんだわ。今までになく」

「……」

「……左様でございますか」

「さっきの『研修』が、ひょっとして影響してたりするんかなーって、思ったりさ」

「……」

「……」

 蕃茄が黙ったまま、敷いていた座布団を景に差し出した。

「ん。あんがと」

 景はそれを折り畳んで腰の下に敷き、反り返るように仰向けの態勢を取る。

「あんたら仏さんらは、男だし、そういうの分からんと思うけどさぁ」

「恐れ入ります」

「御婦人方のお辛さに理解が及ばず」

「誠にお恥ずかしく思います」

 景は再び長く息を吐き出した。

「まったく……あんたら根之國さんは、婦人科の医者でも抱えてた方がいいんじゃねえか」

「……はい」

「諸般の事情を鑑み善処いたします」

「反省すべき点は反省し」

「前向きに検討いたします故」

「何卒ご理解をいただきたく」

 景は阿吽の答弁を無視し、蓬莱姉妹に向き直る。

「あんたらは、平気か?」

「えっ! うん!」

 暇そうにしていた萵苣が、急に話を振られて、跳ね上がるように返事をした。

「あたしたちはね!」

「姉さま」

 蕃茄が姉の言葉を遮って口を開く。

「——阿吽さん。私達のことは」

「左様でございますね」

「お二人につきましては」

「この場のみ景様のみにとどめ置いていただくということで」

「我々よりお話し申し上げましょう」

 阿吽が揃って座卓に降り立った。

「景様」

「な、なんだよ急に、マジな顔して」

 唯でさえ真面目くさった面構えの仏像コンビであったが、いつにも増して恐ろしげな顔をしている。

 腰痛を口実に取り、寝転がって話を聞いていた景は、のそのそと起き上がり、少しだけ居住まいを正すことになった。

「エトピリカヒストリーに続いて、ひらひら姉妹の過去話ってかい?」

「はい」

「これよりのお話には、少なからず驚かれる内容が含まれるかも知れません」

「景様に於かれましてはゆめショックを受けられませぬよう」

「なんだそりゃ……あたしは、これまでも散々ビックリ体験をさせられてんだ。これ以上驚くことなんて無ぇよ。話せよ」

 蓬莱姉妹も、揃って頷いている。

 いつも表情を変えない蕃茄は兎も角、いつもけらけらと陽気なはずの萵苣までもが口をへの字にして畏まっている。どうやら只事でない話らしい——と景は身構えた。

「本当のことを申し上げますと」

「萵苣様蕃茄様のお二人は」

私共わたくしども根之國によって造り上げられました」

「人形なのでございます」

「……あ?」

 何度も高速で瞬きをして、理解しようと努めたが、景の脳味噌には内容が浸透してこなかった。

「……にんぎょう? ってあの、玩具おもちゃの人形?」

「はい」

「左様でございます」

「は? ……は? なんだそりゃ……」

 姉妹の方を見ると、二人とも顔を俯かせて座っている。景の目をまともに見られない——といった様子であった。萵苣などは両目をぎゅっと閉じて、肩を震わせていた。

「いや、は? 何言ってんだよ。だってこいつら、動いて喋ってんじゃねえかよ……」

 俄かすぎる話に、景の口からはまともな言葉が出てこない。

「左様でございますね」

「それにつきましては」

霊珠れいじゅをインストールしてあります故とお考えくださいませ」

 景は腕を組んで、なんとか話を呑み込もうと必死に頭を働かせる。

「……つまりあれか、二人とも人間じゃなしに、機械だかなんだかの造りモンで、えーと、死んだもんの霊を取り憑かせてある——ってかい」

「はい」

「仰有るとおりでござ——」

「そんな話が、あるかよッ!」

 景は、平手でばぁん・・・と座卓を叩いた。

「そんな話、あたしに聞かされてもなあ……受け容れろっう方が、どうかしてるだろ! 違うか!」

 景は指で目頭を押さえて、俯いた。傍に居るものからは、まるで泣くのを堪えているかのように見える姿勢であった。

「あたしらを助けて、一緒に闘ってくれた子らが、——あんたら根之國の、操り人形だったんかい」

 饒舌なはずの阿吽は、景の様子に圧倒されたものか、言葉を続けることができない。

「霊珠をインストールだ? 相変わらず、簡単に言いやがるぜ……死んだ人間をなんだと思ってんだ」

 顔を上げぬままで、景は続ける。

「安らかに眠るのが、冥福ってやつなんじゃねえんか? その造りモンの人形に入れられてンのが誰の魂だか知らんがな、まるで墓を掘り起こして、好き勝手使うような真似はやめたれよ。あんたらは、ハイチの屍人使役師ゾンビマスターかよ——」

「夏海さん」

 黙って座っていた蕃茄が、衣擦れの音もなく立ち上がった。

「姉さまも。立って」

 白いドレスを着込んだ姉に手を差し伸べて、同様に立たせる。

 姉が立ったのを確認して、蕃茄は雪のように白いドレスの前を開いた。

「わわ! 蕃茄、何してんの!」

 慌てる姉を尻目に、蕃茄は萵苣のドレスの上半身をすっかり脱がせてしまう。続いて自分でも、着込んでいた墨黒のドレスを脱いで、足元に落としてしまった。

「見て。夏海さん」

「お、おおあっ!? おまっ、お前、それ——」

 景は姉妹の胴体・・を目の当たりにして、口をぱくぱくと動かすことしかできなかった。

「見ての通り。私達姉妹は。伽藍堂がらんどう

 首から下、腕と脚以外の部分——つまり服で隠れる部分には全て、何も無かった・・・・・・

 あたかも目に見えぬトルソーのごとく、萵苣は可愛らしい純白のシフォン生地、蕃茄は黒地にレースをあしらったランジェリーをパニエの下に纏っていたが、それら下着に隠された部分も、おそらく同様であろうと思われた。

 萵苣は恥ずかしいのか、目を強く閉じたまま両腕を前方で交差させて、自分の——そこには何も無いはずの——身体を必死に隠そうとしていた。

 いや、実際に恥ずかしいのだ——と景は思う。生者と違って、服の下では、がれたような手脚と生首とがふわふわ浮かんでいたことになるのである。自分だって、同じ状態にされたら、そんな姿を見られたくはない。

「見えない部分には。死んだ私達の霊珠が抽出されて。インストールされている。デジタル化されたデータだから。目には見えない。この手脚は。根之國の人達が。生前の私達のものを。特別に付けてくれたの」

「いやいや、お前ら、だって……前にあたしんちで脱いだときは、その、普通にハダカ」

 景はしどろもどろになりながらも、疑問を口にする。訊きたいことが多すぎて、纏まりがつかなかった。

「それにつきましては」

「景様をはじめお三人様に対し」

「我々が修正をかけてお見せいたしただけのことでございます」

 阿吽が割り込んできて、淡々と説明を始めた。

 景は呆れ返った顔で、本日何度目になるか分からぬ溜息を吐き出す。

「あんたらってのはほんと、お膳立てが好きなんだなあ。……恐れ入るぜ、ほんとに」


 それから景は、姉妹と雑談に興じた。姉妹の秘密を知ったからといって、態度や付き合い方がとくに変わるわけでもない。夏休みの中学生らしく、夜会の話題が尽きることはなかった。

 それでもやはり、絡繰人形オートマタという未知の存在に関する疑問は無数にあって、例えば『食ったものは何処へ入るのか』『攻撃を受けると痛いのか』などの素朴な問いから、『無理やりやらされている役目ではないのか』などの抜本的質問までを景は幾度も投げかけ、阿吽の解説という名の堅苦しすぎる合いの手を挟まれながら、姉妹の回答を受けていた。

「生きた女の子たちに負担を掛けないように、私らみたいなのを根之國で造ることになったんだよ!」

尸織シオルに食い殺された人間を使って、か」

「そう! 最近になって、ようやく技術が追いついたみたい!」

「私達は。自分から是非やらせてくれと。頼み込んだ」

「生きてる人の肉体よりもいくらかは丈夫だしね! 完全に壊されなかったら、すぐに回収されて、修復できるんだってさ!」

「それにしたってなあ。もっとこう、オリンピアのマッチョメーン! ハラショー! みたいな肉体からだで造ってくれりゃいいのになあ……あたしらみたいなか弱き乙女には、荷が重すぎるぜ」

「それにつきましては」

「あー、分かってるよ。女しかダメだっうんだろ」

 四角四面な解説を差し挟もうとして飛来しかけた阿吽らを小蝿の如く追い払って、景は姉妹に向き直る。

「お前ら、……姉妹揃って、その、殺されちゃったんだろ。親とかに、生き返ったのを見せに行ったんか?」

「そういえば! 会ってないね!」

「会わなかった」

 あっけらかんも極まれりといった様子で答える萵苣たちを、景は呆れながら見つめる。

「そ、そういえば——って、お前ら、それで良いんかよ」

「私たちは。決して生き返った訳ではないの。造り物の身体を与えられて。喋って動いているだけ。生きていた頃の私達とまったく異なる姿なんて。両親に見せたくはないから」

「ああ……そうか」

「それに」

「あ?」

「……」

 元々すらすらと喋ることをしない蕃茄が、明らかに言い淀む。

「それに——なんだよ」

「仮の肉体を得て中津國なかつくにに戻った——という意味では。私達姉妹は。尸織シオルと変わらない。親になんて会うことはできない」

莫迦ばかっ、同じなことあるかよ! あいつらは、人様の肉体からだを勝手に乗っ獲って、人を食い殺してんだろ。インチキだよ」

 自虐も過ぎるぞ——と景は思った。いくらなんでも、自分勝手に生き返りたがって殺戮を繰り返す死人に、己をなぞらえることはないだろう。

「そっか! ありがとう! じゃあ今度、お母さんたちに会いに行ってくるよ!」

「夏海さん。ありがとう」

「いや、ちょっと待て待て。死んだ娘たちがいきなり顔見せに来たら、親御さんひっくり返っちゃうだろ。やり方を考えろ」

 死んでしまったものと受け入れた子が、昼日中ひるひなかに挨拶に来たら、愛娘を二人とも喪った親としては、どう思うのだろう。親になったことのない景には、想像がつかなかった。

「寝ているところを急に起こせば。寝惚けて見た夢だと思ってくれるかも知れない」

「あっ! そうだね! 夢枕に立つくらいにしとこうか!」

「……その言い方も、ちょっとどうかと思うけどなア」

 景は部屋の上を浮遊する阿吽に向かって、手招きをする。

「あんたらさぁ。こういう話は、揃ったときにしてくれや。大事なことじゃねえんかよ」

「恐れ入ります」

「景様ならばご乱心にならずお受け入れいただけるものと信じてお話し致しました次第」

莫迦ばか言えよ。あたしだって、驚いたし焦ったわぃ」

 自分を、なんだと思っているのか。知り合って間もないとはいえ、共に闘ってくれる仲間が、人ではない造り物だなどと判明したのである。人並み外れて神経が図太いとでも思われているのだろうか——と、ただの中学生女子・・・・・・・・である景は面白くない。

「本日のお話でございますが」

「ここに居られない御二方」

「とくに空子そらこ様には何卒御内密に願います」

「……言えるかよ、こんなの。言いたくねえよ」

 自分だって大きなショックを受けた話である。事実を知れば、琴律も空子も、取り乱すだけでは済まないかも知れない。

 しかし、せっかく知り合って仲良くなった友人のことを、“生きているかどうか”で差別するのは人間として恥ずべきことなのではないだろうか——と、景は尋常の人間ではあり得ない内容で悩むこととなった。

 景は大きく息を吐き出して、姉妹の顔を見比べるように眺めた。

 姉の萵苣れたすは正座したままにこにこと笑っており、妹の蕃茄とまとは相変わらず感情の読み取りにくい顔つきで黙っている。

 (こいつらが生きているうちに出会って、友達になりたかったなあ……)

 景は心の中でそう呟いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます