のざらし

神光寺かをり

 墨を流した天空に、炎の色のマドい星がただ一つと瞬くのみの、真っ暗な夜でございました。


 宿場外れの道端に人影が二筋、闇の中にけておりました。

 足下には物が一つありました。

 薄汚く黄ばんだ、ごろりとでした。

 大きな穴が二つ、ぽっかりと穿ウガたれております。

 冷たく冷えた物でした。

 満天の星を眺めることも、寒風に身を震わすこともない物でございます。

 かつては中につまっていた脳漿ノウショウも、二つ穴にぴたりと填っていた目の玉も、今やすっかり朽ち果てて、とうの昔になくなっておりました。

 腐らず残った頭蓋は小虫どもの棲処スミカとなるばかりの、動かぬ「物」でございます。

 人に益なす事はなく、ましてや人に害なす事など到底できぬ、命尽きた「者」でした。

 それが確かに、人の言葉を発しておりました。


「気をつけろ、気をつけろ。あの女に気をつけろ」


 同じ言葉の繰り返しが、風の抜けるといううすら冷たい響きと一緒に、立つ影の人たちの耳に流れ込んで参ります。

 影の一つがゆらっと動きました。

 男の人の立派な腕がを取り上げて赤い惑い星の光にかざしますと、抜けた犬歯の隙間から、中で何かが震えるのが見えました。

 尖った歯が上下から生え並ぶ、小さな洞穴の奥で、赤黒い何かが蠢動シュンドウしておりました。

 伸びて縮んで丸まって、上顎を叩き、下顎にぶつかり……赤黒い固まりがそうやって動き回る度に、あの声がするのです。


「気をつけろ、気をつけろ、あの女に気をつけろ」


 男の人はしばらくそれを眺めておりましたが、冷たい風がぴたりと止んだ一瞬に、呟くように問うたのです。

「どの女だ? 何に気をつける?」

 途端、はブルブルと震え出しました。

 空っぽの中の赤黒い物がビクビクと痙攣ケイレンしておりました。狭い中、隙間の中を、毛のない生き物が暴れのたうち回っているようでした。

 奥歯がガタガタときしみ、前歯がカチカチと鳴ります。

 ブルブルとビクビクとガタガタとカチカチは、初めはてんでバラバラな小さな騒音でしたが、しばらく聞いているうちに、同じ拍子になってゆき、ついには……。


「おお、聞け。聞いてくれ。あの恐ろしい女の事を。俺の話を」


 それはそれは、大きな声となったのでございます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます