Rest in Tutibuta

作者 大滝のぐれ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 花柄へのコメント

    不思議な情景から始まり、いろいろな感情を想起させる作中唯一のリホのセリフ、そして最後の一文。

    短い文章のなかに書かれた言葉の裏に潜むものを、思わず考えてしまいました。

    この読んだ人間の心への打撃は、掌編の小説、というよりも詩を読んだ後のような感覚です。

    作者からの返信

    ありがとうございます……!なにかいろいろ感情のスイッチを押せたみたいでとても嬉しいです! 書いてよかった……

    2020年2月2日 11:49

  • ロードキルへのコメント

    うわああ! こわいですね!!

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます。できているかは別として二人称ホラーてきなものがどうしてもやってみたくて…… 怖いと言っていただけ嬉しいです。

    2018年11月3日 23:41

  • すべてのエピソード 2
  • セレブレイト
  • 糊の空
  • 忘れた
  • ふわふわの巡礼者
  • たくわえ、冬ごもりが終わったら
  • いぬのいろをしたあげもの
  • ロードキル 1
  • ランプみたいに
  • 薬局にて
  • コンクリート海のヒトデ
  • しそこねた
  • 負け犬の手の脂は
  • 給食の時間
  • 花柄 1
  • 縫製されるふたり
  • かなづちの海域
  • たそがれのみ