思い出し怒り

体を壊して体重が120㎏オーバーから一時期80㎏まで落ちた京丁椎ですが、その後は筋トレや体幹トレーニングで筋力も回復して現在は85~87㎏位。


筋力が落ちて動けなくなった時はバス運転手時代に某中学校の剣道部顧問から言われた言葉を思い出して怒りに任せてトレーニングしていました。


その言葉は『走行中のバスの車内で立たないでくださいね』に対する答え。


「偉そうに…中卒でも出来る仕事をしてるくせに…」


その中学校の剣道部は県内ではラフプレーで有名らしい。

そんな訳で剣道は嫌い。叩きたいけど叩かれたくない卑怯者のスポーツだと思ってます。竹刀を持って、ガチガチに防具で守って…アレは卑怯者の象徴だと思う。

唯一剣道で良い所は…怒りのおかげで体力を回復できたことだ。


※あくまで京丁椎の個人的見解です


今の京丁椎はパワーが戻って元気な方だと思う。まだまだやれるけど歳を喰ってるので引き取り手が無い。ペットショップで売れ残って大きくなった犬みたいな感じだと思う…どこかで聞いた様な気がしたら、それは気のせいだ!


そんな訳でこの曲

https://www.youtube.com/watch?v=WYNC8JzV5j8

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます