話を変えてみますかね

ここらで京丁椎の思い出話は止めますね。何か元気な頃の自分を思い出して悲しくなってきた。


コメントをいただいていますが、今回は少し時間が短いのでコメントでお返事させていただきます。ご了承くださいm(_ _)m


さて、ちょっとだけ小説の話なんかしようかな?とは言え私だって初心者で偉そうなことは言えんけどね。サラッと聞き流してやってください。


最近、某作品を読んで☆も♡も消した話をしたんだけど、その作品が削除されてた。


まぁ何らかの規定に引っ掛かる部分が有ったんだと思う…と言うか有った。京丁椎も『これは不味いのでは?』と思っていました。私みたいな素人でも分かるんだから駄目だろうって感じでした。


比較的自由に思えるカクヨムも厳しい部分が有って、二次創作や限度を超えた性的表現は規制の対象らしい。その作品も二次創作な部分で引っ掛かった…と言うかモロにその作品を原作として表記していた。そんな訳で、いつ消えるかとハラハラしながら見てたけど消えてた。


私は二次創作って好きじゃないんだよね。作者が自分の作品のスピンオフを作るのは納得なんだけど、他人の作品を弄って作品を作るのって他人のまわしを締めて相撲を取るみたいで嫌だな。


自分の作品の世界観を使い回しとかなら良いと思うよ。自分で作ったものだから自分で自由に使えば良いし、他人が口を挟む所ではない気がする。


よく『〇〇みたいな作品を』みたいな奴が居るけど、『〇〇みたいな作品』なんて目指す時点で『〇〇みたいな作品』の劣化コピーしか出来ないと私は思うんだ。

まぁコピーした結果が面白い作品になる事も有るけど、そんなのは稀。

『〇〇』を読みたい人は『〇〇みたいな作品』じゃなくって、『〇〇』を読む。だって、その方が早いもの。


基本的に複写は複写でしかない。だんだん劣化する。

※京丁椎の個人的見解です


そういう意味では、この文字ラジオ自体がハイロック氏が考えた作品の劣化コピーな訳で、見事にブーメランとして帰ってきて京丁椎に突き刺さった訳だ。やっぱり本家みたいに上手く毒は吐けねぇや。まぁ、私は私なりの別番組を作るつもりでいるけどね。


ちなみに拙作『大島サイクル』はトネコーケン先生の『スーパーカブ』を読んだ作者が「まったく反対の設定でバイク小説を♪」と始めたお話です。イメージ的にはこんな感じでワイワイとした話が目標。


リクエストでは無いけど、大好きな曲です。愛車に乗る時に口ずさんでしまいます。


『大島サイクル営業中』のイメージソング。明日は日曜日って事でこの曲


https://www.youtube.com/watch?v=1dOBFXVQlko

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます