“タイトル買い”した小説ってある?

もしありましたら、是非教えてください。



ちなみに、私めのタイトル買い小説で思い出すのはこれです。

酒見賢一さん『泣き虫 弱虫 諸葛孔明』[文藝春秋]2004.11

しかも帯についてたキャッチコピーが「口喧嘩無双 いざとなったら火計(放火)の策」。

2000円の厚い単行本ですが、(貧乏学生だったくせに)買っちゃいました。

「孔明」と「泣き虫」というギャップで三国志好きを釣りにきてます。そんなに三国志好きでもなかったのに釣られましたよ!

意外と三国志市場規模はでかいと聞きます。そんな中でもちょっとひねくれて変わりモノを好む層を確実に狙っているのではないかと思います。

万人を惹きつけられないのなら、まずは好きそうな読者を想定して狙い撃つのもありですかね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます