眼鏡を掛けていない

 とにかく体に触れていると、視力が矯正されるということなので、手を繋いだり背中を触ってもらったりすることにした。

「ところでアオイさんは、眼鏡を掛けてないんですね」

 よく見えるようになって、気が付いた。

 擬人化眼鏡なのに眼鏡を掛けていないって、変じゃないのか。

「眼鏡が眼鏡を掛けてるって、あり得なくないですか?」

「そういうところは冷静なんですね」

「眼鏡イコール知的なイメージですからね」

 誇らしそうにアオイさんは言った。

 これまで知的なイメージ全カットでお送りされていたけど。

「でも眼鏡を掛けていた方が、キャラがわかりやすいと思いますよ。眼鏡屋さん行きません?」

「あ、眼鏡屋さんって、眼鏡を綺麗にするサービスしてますよね」

「はい? まあ、そうですね」

「私の体を綺麗にして、それからカケルさんにめちゃくちゃにされてしまうんですね……」

「アオイさん、知性取り戻して。今すぐ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます