漆黒の狩人 アルティメス

作者 北畑 一矢

すべてのエピソードへの応援コメント

  • ヴィハックへのコメント

    やっと物語が動きましたね!
    戦闘シーンはやはり面白いです!

  • タイタンウォールへのコメント

    奴らやら危機やら感染者など。
    説明が多いにも関わらず、詳細の分からない謎だらけで、なかなか読者は確定していない情報を覚えながら読み進めるのは大変かなぁ?と感じました。

  • プロローグへのコメント

    物語的な感想ではなく、文章的な感想となることを先に謝ります。
    また、処女作ということでもありますし、上手くいかないことは多くありますし、別に直す必要もないと思います。

    小説書く中で一番大切なのは作者が楽しむということだと思っています。

    あくまで私の個人的な感想として、そういう考え方もあるんだなぁ、ぐらいに軽く捉えてください!(私も素人ですし、何を偉そうに、と思われるのも当然で、また、見栄えが悪い感想になりますので、不要と思われれば削除してください。

    文章的に気になる点なのですが、
    この物語はまず、一人称なのか三人称なのかが不明という問題を抱えています。

    主人公の〝僕〟視点で感情などの描写も相まって始まっている物語ですが、

    ***

     純粋さを表すような銀色に輝く綺麗な髪と、水晶のような水色の瞳。
     そして、幼さが見える顔立ちを持った少年こそが今の〝僕〟の姿であった。
    「嘘だろ……!?」
     全身の部位が自身の記憶にある時よりも大きくなっており、何がどうなっているのか判断すらできなかった。なぜなら、〝僕〟の最期を告げた時期がまだ十にも満たない年齢だったからだ。
     体に変化が起きているのは、至極当然である。ついさっきまで身体を持たない〝存在〟だったはずが、いつの間にか別の身体に乗り移ったかのような感覚が彼を伝わらせる。

    ***

    上記の中でも主人公視点では知ることのできない(鏡等を見ていないのに)〝水晶のような水色の瞳〟という記載があり、〝彼を伝わらせる〟という三人称視点の表現もあります。

    表現の自由と言えばその通りですし、作者様の自由ではあるのですが、一人称の強みである感情移入させるというところで損をしてしまうため、視点については考えながら書いた方が良いかも知れません。

    最初からこのようなコメントですみません。

    あまりこういった感想は求めていないかも知れませんね……(汗

  • すべてのエピソード 3
  • プロローグ 1
  • ガルヴァス帝国
  • タイタンウォール 1
  • ギャリア大戦
  • シュナイダー
  • ヴィハック 1
  • 漆黒の翼
  • アルティメス
  • 駆除部隊
  • 戦いを終えて
  • 貴族の思惑
  • ロードスの悲劇
  • 白の騎士
  • 転校生
  • カリキュラム
  • グランレイ
  • ヴィルギルト
  • 裏側
  • フライトベース
  • 秘匿
  • 地上への通路
  • 進化
  • 狩猟の女神
  • ドレイク
  • 閃光
  • 黒と白
  • 第1章 登場人物
  • 第1章 登場兵器
  • ワクチン接種
  • ガルヴァス皇族
  • 追悼式典
  • 責任
  • 大切なもの
  • 罪悪感
  • 違和感
  • 調査
  • 手紙
  • 疑心
  • 地下
  • 裏技
  • 正体
  • 今少しの別れ
  • 組織
  • ポセイドーガ
  • 降伏
  • 宣戦布告
  • 同行
  • ゼウシュトルム
  • 救援
  • 混戦
  • デストメテル
  • 撤退
  • 隠されたもの
  • 力への渇望
  • 危険な誘惑
  • 人騎一体《ユナイト》システム
  • 悪魔との契約
  • 皇女の決意
  • 暴れ馬
  • 激突
  • 追跡
  • 邂逅
  • 最悪の再会
  • 悪夢
  • 母と娘
  • 適合者
  • 迫り来る脅威
  • 悪魔の咆哮
  • 決意
  • 希望と絶望
  • 黒い連鎖
  • 恐れていた現実
  • 人馬の一撃
  • 覚悟
  • 天からの使者
  • アスクレピオス
  • 援軍
  • 魔法使いの本領
  • 疑惑
  • 空中戦
  • 変わらぬ友情
  • 拮抗
  • 混沌
  • 決着
  • 勧誘
  • 対面
  • 皇帝との謁見
  • 始まり