第121話 作品の一つが…。

私が、ここで執筆した作品の1つが今でもアクセス数が

アップしています。

昔の作品なのに読んでくれているって、プチ・幸運です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます