詩を紡いで

@kwf

第1編What Kind Of Fool Am I

夜目をつぶっていると君が隣にいるようで


ふっと我に返ると俺は一人


君の家と俺の家のあいだには


淋しい散歩道が続く



いつでも一緒だよと君は言う


俺が言わせてるみたいだ


なんかあざといよね


君の心を測りにかけてるみたいだ



俺は本当にバカだよな


君の重荷をうまく負担できず


気ままに夜更かしばかり


なんてバカなんだろう



明日への空は二人のために拡がってるんだろうか


夕焼けは俺の無情さを映す


君は強い人だからね


俺は孤独が住みつく椅子で日々を過ごす



俺はどうしようもないバカだな


君を結果的に惑わせてしまう


救い様はあるがバカに違いない


もっと君の側にいたいのに



もっと君の側にいたいのに


2018(H30)4/12(木)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る