未成の種

作者 @naka-motoo

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 終章・・・種を植えようへのコメント

     う~ん、最終的には警察と検察がオイシイところを持って行ったか。神は悪を許さない、お天道さまは見ているということですね。一つ残念なのはかおるの命ー。「いじめで一度は亡くなった命だから、生きがいを与えてくれてありがとう」で片づけてしまうのは少し残酷ですね。さつきを庇うかおるの両親の思いは分かりますが…。読後の感想としては複雑です。

    作者からの返信

    貴重なお時間を割いて最後までお読みくださり本当にありがとうございます。
    また、とても鋭く的確なレビューまでいただきありがとうございます。
    ご指摘のとおり、かおるについてはわたし自身切なくてこの結末でいいのだろうかと悩みました。
    実はかおるの両親の言葉はわたしの身近にいた、いじめではないのですが娘さんを難病で亡くした時のその子のお母さまの言葉がヒントになっています。
    それがすべての現実に当てはまるわけでは決してないのですが、そのお母さまの言葉にとても胸打たれたのも事実でした。
    こういうテーマの小説を丁寧にお読みいただき本当に感謝いたします。改めてありがとうございます。

    2019年9月7日 02:30

  • さよならだけが人生よへのコメント

     「18歳のひよっこ」相手になりふり構わぬ巨大政党の仕掛けた“刺客”。マスコミさえも手なづける彼らの謀略に、神に仕える坂田の次の一手が気になりますね。

  • 息を吐くへのコメント

     初めて、さつきの「本音」がポロッと出ましたね。文中にはありませんでしたが、かおる君の支えが大きかったことも。与党第一党がどんな手で対抗してくるのか、乞うご期待ですが、次章のタイトルが意味深です…。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    「恋」とまでは言えないかもしれませんが、かおるとさつきの間には同志以上の何かがあるのかなと思っています。

    2019年9月6日 19:35

  • 常に動ぜずへのコメント

     世間の常識や嘲笑、妬みや蔑みを「避ける」でもなく邁進するさつき。身の危険も「護身術」なのか「柔道」「合気道」の類なのか分かりませんが物理的にも「強い」さつきに驚きです。ストーリー的には、何かしらの「壁」「困難」が必要かと思いますが、彼女が「怯みそうな状況」が今のところ想像できません。

    作者からの返信

    ありがとうございます。実はごく普通のサラリーマンの家庭に生まれた彼女だからこそ地に足の着いた度胸を持てるのかなと思っています。

    2019年9月6日 19:32

  • かおるへのコメント

     2話目にして急展開!
     「高校中退」と退路を断って選挙に立候補したさつきに、対策に頭を抱える宮司。課題山積の中で、“参謀”のように自信満々に現れたかおるは昔話の「桃太郎」のカメか、「鶴の恩返し」のおつうのようです。

    作者からの返信

    ありがとうございます。
    実はわたしは「政治」や「世事」が複雑に大げさに捕らえられていることが不思議で、昔話のように素直に「よき事」を突き詰めていけば治世になるのではないかと思っているんです・・・つまり中二病なんです。

    2019年9月6日 19:29

  • さつきへのコメント

     さつきの筋の通った正義感に共感します。
     いじめのターゲットが自分に向かうと怯みそうですが、最初から「覚悟」が出来ているんでしょうね。
     私の小説では「被選挙権の引き下げ」までしか提案していませんが、2030年には「実現」するのか、と思って読みました。
     宮司の坂田とさつきの「神の縁」とは何かー。意味深な出会いの先に何があるかにも興味を惹かれます…。

    作者からの返信

    この小説にコメントをいただけるとは思っていませんでしたのでとても嬉しいです。
    何事かを成し遂げるには「本気」がとても重要だと書いているわたしがさつきから教わっているような感じでした。
    ありがとうございます!

    2019年9月6日 19:25