工廠を照らす激しい日光

 京橋駅の裏手にある慰霊碑をおがむところから見舞いははじまる。それから公園の随所にのこる遺構をめぐり歩く。中央の大阪城をみあげる観光客はおおく、家族ずれもちらほら見かける。けれども公園内各所に眠る工廠の遺構に注目している人はすくないようだ。にぎやかな広場からしずかな水門跡にうつると、水面をすべる水鳥のむれが視界にはいる。

 しばらくむれをなしておよいでいる光景をながめたあと、工場用柵でかこわれた旧守衛所をとおりすぎて古めかしい通用門をぬける。そのさきにはかつて祖父が従事していた旧化学分析場がまちかまえている。色あせた赤煉瓦の壁面に緑のつたをはわせ、駐車場のシンボルとして荒廃にまかせている外観は単なる廃墟にすぎないが、ありし日は砲兵工廠なる厳めしい呼称を用いられていた軍事施設だ。あらゆる窓が黒色のぶこつな板でふさがれているため内部は見えない。八月の大空襲で命をおとすまで、祖父はこの黒い板のむこうで汗水たらしてはたらいていたのである。

 わかくして戦死した祖父は写真と逸話でしかしらないので、人物像を想像するのはむずかしい。しかし、八月の激しい日光が木々を照らし、蝉時雨が町をおおいはじめる季節をむかえるとかならず祖父が夢にあらわれた。やせこけた貧相な壮年の男が屹立して、無言のまま憂愁にとざされたまなざしをジッとむけているのだ。口を真一文字に結んでいるので真意はさだかではないが、沈痛な面持ちにはつよい思慕の念がみちていた。その訴えかける視線は夢をかさねるごとに実在感をふかめていった。今では終戦記念日間近になると工廠をかけまわる祖父の息吹すら感じる。そのせいか祖父の死地をたずねても慰霊というよりも慰問する心持ちであり、日ざしをあびている工廠のまぶしさに目を細めながら会釈するさいには、いつも小声で励ましの言葉を口にするのである。



※2016年脱稿・2017年改稿

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る