口裂け女 再び

 俺は大学2年生になってから、一人暮らしを始めた。

 3年ぐらい経っており、あの女もちょうど戻って来たようだ。大学から不審者情報が回ってきた。

 俺は2つある弱点を既に知っていた。だから実践しようとしたのだが、中々手に入らないのだ。

 スーパーを数件回ってやっと売っているところを発見した。

 だが、1個じゃなくて20個入り。そんなに必要ないのに。仕方ないから購入。

 そして遭遇するだけ。

 だがあんまり見かけない。余程俺を警戒しているのか? そりゃあ、3年前は通報したからな。根に持つわな。

 夕方、見覚えのある赤いワンピースが目に飛び込んだ。

 ラッキー! 俺はワザとらしく近づいて、偶然通りかかった男性を演じてみせた。

「私、きれ…」

「天下一不細工」

 この女にターンは渡さない。俺の目的だけ果たせばそれでいいのだ!

「なんだと!」

 女はマスクを取った。口は耳元まで裂けていた。怖い、というよりも痛々しい。

 どこから取り出したのか、大きなハサミを持って俺に襲い掛かろうとした。

「これやるよ。プレゼントってね」

 俺は飴を1つ、明後日の方向に投げた。女はそっちに夢中になって、道路を転がっていく飴を追いかけてった。


 口裂け女と遭遇したら、どうすればいい? 

そんな疑問に手を差し伸べるかの如く、都市伝説には逃げ道が存在するケースが多い。

 口裂け女には、べっこう飴が有効だ。投げたら一目散に逃げよう。100メートル6秒? べっこう飴の前では無意味の産物だ。

 作用機作についてだが、2つある。

 1つは俺が体験したように、べっこう飴が大好物だから。

 もう1つは、べっこう飴が嫌いだから。だがこちらはあまりメジャーではない。

 あの大きく裂けた口では、飴舐めても涎ダラダラだろうな、想像したくもない

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます