案山子

作者 サンダルウッド

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 「案山子」へのコメント

    何食わぬ顔で本物のふりをしている偽物がなんと多い事か。
    私は、綺麗だが誰もが着飾った虚構の街より、多少地味でも、普段が透けて見える町の方がいい。

    作者からの返信

    コメントありがとうございます。
    自主企画にも入れていない地味な短編をどうやって見つけて下さったのか気になるところですが、こうして読んで感想いただけると嬉しいですね。

    近頃はクリスマスを前にして都会の街は浮かれた様相ですが、それでいいのだろうかなんて思ったり。
    星評価もありがとうございます。ほかにも短編をいろいろ書いているので、また気が向いたらお越しくださいませ。

    2019年12月3日 04:35

  • 「案山子」へのコメント

    何故そうするのか分からない。
    しかし自分を衝き動かすものが確かにあるのだ。

    作者からの返信

    いつも本当にありがとうございます。
    我々は日々、予期せぬ衝動に駆られながら生きているのだと感じます。

    2019年3月24日 10:30

  • 「案山子」へのコメント

    Twitterからきました。渇きから潤いへ、色のない世界から黄金色の空へのグラデーションの変化が、上手く言えませんが、なんというか好みですw

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    そのような変化を感じ取って頂けて嬉しく思います。

    2019年3月17日 12:48

  • 「案山子」へのコメント

    ツイッター募集より拝読させて頂きました。
    一見主人公が熱中症から魅せられている憧憬に近い世界観を、垣間見ることができたのかなと、思いました。
    一つ一つの表現が、言葉が、単語が、どこか詩的で背景をも目の当たりにしているかのようで、とても読みやすかったです。
    楽しませて頂きました。

    作者からの返信

    ご感想ありがとうございます。
    正直に言いますと書いた私自身もよく分かっていない小説なので、読んで下さった方々の解釈はみな大変興味深いですし、またそこまで感じて下さってありがたく思います。
    読みやすいというお言葉も嬉しいです。どうもありがとうございました!

    2019年2月27日 22:03

  • 「案山子」へのコメント

    自主企画から来ました。
    主人公はなぜ歩き続けるのか、この先なにかイベント的なことが起こるのか。
    ワクワクしながら読み進め、ラストまでたどり着き「うん、まぁそりゃそうだよね」とつぶやきました(笑)。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    基本、たいしたオチやどんでん返しなどもない話しか書けないので、ご期待に添えられずすいません(笑)

    2019年2月18日 22:21

  • 「案山子」へのコメント

    感想欲しい人集まれ!からきました
    書き方がハードボイルドとして大変かっこいいと思いました。

    作者からの返信

    感想ありがとうございます。
    これといったテーマもなにも決めずに書いたものですが、そのように言って頂けて嬉しいです。ありがとうございました!

    2019年2月18日 22:19