静かな密室

 地下室の扉は堅牢で、隙間は全く無かった。


 刑事と探偵が鍵を壊して中に入ると、男が布団の中で死んでいた。その横に、一本しかない地下室の鍵が落ちていた。


 出入り口は一つだけ。地下室なので窓は無い。換気扇は小さく、人の出入りは不可能だ。


 狭く静かな密室で、探偵は息苦しさを感じた。その横で、刑事が男の死体を調べた。


「窒息死だな」


 刑事の言葉に、探偵は頷いた。


「だろうな。換気扇が止まっている。どうりで静かなわけだ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます