Secret 007 色合わせ

 Secret 007 色合わせ


 警備員さん達かしら?

 今日は日曜日じゃないかー、倉橋さんはお仕事熱心でお茶目とか?


 通称『開かずの係長席裏扉』が重い音を立てて開く。警備員さんではないみたい。


「な、なんか。後光がさしてない?」


 あれは、真白玉石社長だわ! その両側におそらく役員だとみられる方々が深く頭を垂れている。何だろう。あ、しんがりは係長が頭を下げているわ。

 真白社長の後ろには、室生天結さんと室生蕾音さんが続くとは。一体何が起きているの?


 眩しかったのは、室生兄弟だった。光背を背負うように歩いているじゃない。

 目配せをしたのは蕾音さん。てっきり勝ち誇っているのかと思ったら、申し訳なさそうにしているキティーちゃん。

 室生さんは、昨日のレストランの時の笑顔がうっすら消えたような気がするわ。


「ひらにー、ひらに」


 役員の方々が手をつく。


「ただの社長だ。改まるな」


 あらあら、おいたな真白社長ですね。会社に何があったのでしょうか?


「倉橋さん、申し訳ないが今は説明できない。本日の午前の緊急会議で、トップシークレットの議題が出た。今日は、定時まで緑のブースで仕事を続けて欲しい。室生蕾音さんは、後からいくと思う」


 室生さんは、熱のこもった瞳で語ってくれた。


「む、室生さんは、大丈夫なのですか? 蕾音さんも」


「企業秘密ってこと、分かる?」


 蕾音さんが口を滑らしたようだった。


「しっ。さあ、例の会議室へいくぞ」


 真白社長に室生さんが続く。先程と違うのは、室生さんが口を塞いだ蕾音さんを抱えていること。

 多くの足音を立てて、先程の隠し扉から皆、消えていった。


「ああ! だから、お昼まで独りぼっちだったんだわ。まあ、そんなことはもういいけれども」


 私は、独りでいいさと中庭に出て、お弁当を膝にのせる。少しぽかぽかと陽気がよくなっていた。気が付かなかったな。


 毎日残業派遣子ちゃんだったから、地下鉄が地上に出るところから、いつも月を見ていた。月もね、三つくらい見えるんだよ。いつの間にか視力も悪くなり、メガネを掛けようとしたの。そうしたら、前の派遣先、『マシロ鋼建』で、色々言われちゃったわね。


「――メガネ派遣、帰れよ」


 これってハラスメントよね。そのときは、ショックで気が付かなかった。暫くその名前で呼ばれてやりきれなかったわ。


 色々と考えることが多いけれども、お仕事して吹っ切ろう!

 緑のブースに戻ってきた。


「新しいFTPソフトを新しくして……。ん、で、我が社のプロバイダーから借りているFTPやパスワードを設定して、今度こそ、マザーパスワードを入れますね」


 あら? 吸い込まれるように設定できるわ。やりやすくしておいてくれたのも前の人なのね。そして、FTPソフトは、古くなっていたせいもあり、〇うえあにやられてしまったと。


「時に、時間がネットを蝕むことがあるのね」


 さて、取り敢えず、どのバナーがいいのか比べてみましょう。

 これは、高さを50pxにしてすこしゆったりした感じになりましたね。最初は、『mn1.png』で、カーソルをかざすと変わるのは、『mn2.png』ですね。はい、CSSと画像の『mn1.png』と『mn2.png』をアップロードします。サーバーに転送ね。


「はうう。さくさく転送。しかも安全っぽい」


 接続を切って、ファイルを終了します。そして、実際のホームページ確認ですよ。


 ――――――――――――――――

 float:left; /*リスト項目を横に並べる*/

 }

 #menu li a {

 display:block; /*リンク部分をブロック表示にする*/

 width:240px; height:50px; /*幅と高さ*/

 background-image:url(mn1.png); /*背景画像を指定*/

 background-repeat:no-repeat; /*背景画像を繰り返さない*/

 }

 #menu li a:hover {

 background-image:url(mn2.png); /*リンクにマウスが乗ったら背景画像を変更する*/

 ――――――――――――――――


 ================

 ■ □ ■ ■

   ↑

 ================

参照

(http://uhi.sa-suke.com/md016.jpg)


 ああ、これって、『mn2.png』を中央だけ楕円を描いて白で塗り、明るめのエフェクトを50%かけたのよ。ダメだわ。楕円の境目見えている割に、効果的に輝いていないし。次、次、いこう。


 ――――――――――――――――

background-image:url(mn1.png); /*背景画像を指定*/

background-repeat:no-repeat; /*背景画像を繰り返さない*/

 }

 #menu li a:hover {

background-image:url(mn3.png); /*リンクにマウスが乗ったら背景画像を変更する*/


 ――――――――――――――――


 ================

 ■ □ ■ ■

   ↑

 ================

参照

(http://uhi.sa-suke.com/md017.jpg)


 こっちは、『mn1.png』に対して『mn3.png』を選択したときの画像にしたのだったわね。『mn3.png』全体的にビビット過ぎて、色がとんでいたというか、抑え気味でもよかったかなと反省したのよね。オタクをなめるなー! 職人をなめるなー! と、やり直したのよね。さて、次はどうかな?


 ――――――――――――――――

background-image:url(mn1.png); /*背景画像を指定*/

background-repeat:no-repeat; /*背景画像を繰り返さない*/

 }

 #menu li a:hover {

background-image:url(mn4.png); /*リンクにマウスが乗ったら背景画像を変更する*/


 ――――――――――――――――


 ================

 ■ □ ■ ■

   ↑

 ================

参照

(http://uhi.sa-suke.com/md018.jpg)


 これは、『mn1.png』に『mn4.png』が全体的に明るくなっているの。『mn4.png』の作り方は簡単、囲みの白と茶と草を描いた緑の間にレイヤーを作って、その作業レイヤーに白を流して、50%に明度を落したものをそのまま保存したわ。んー、で、どうだろう? こっちがいいと思っていたけれども、『mn3.png』のビビッドの方がはっきりしているのかなあ?


「えーと、独り言が続いております。蕾音さん? お待ちしておりますよ」


 その日、彼女らを待ちながら――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます