52.外に出ると、そこには、乗降車したり、買い物をするため行き来する人々、車を誘導する警備員等、いつものイオンの風景が広がっていた。

「なっ・・・!?」


僕らはイオンの店内を見る。


そこにも、ただ買い物客と店員が行き来している、いつものイオンの光景があるばかりだ。


「あれっ?」


僕は困惑した。二人も困惑している様だ。


「あのゴーレム達はどこに行ったの・・・?」


「私達、今まであいつらに追いかけられていたはずですよね。」


あの下手すれば命失う非日常から急にいつもの日常に戻って、ただただ混乱している。


もう一度店内に戻って、ゴーレムが居ないか確めようと思ったが、また襲われても敵わないので、止めた。


「・・・ともかく、危機は去ったと考えても良いのかな・・・?」


「・・・ええ・・・どうでしょうね・・・。」


「まだ警戒はすべきと思うけど・・・」


三人で、どうしたものかと顔を見合わせた。


とりあえず、このイオンは危険だろうから、この場を去る事にした。


「えっと・・・どうしよう・・・。このオモチャ銃・・・買ってない物を持って来ちゃった・・・いけないよね・・・。でも、持ってないと、またゴーレムに襲われても、戦えないし・・・」


自称妹は握っているオモチャ銃を見て、迷った様に僕に聞いた。


そうなのだ。一応、店内でお金払わず持ってきた物なのだ。


「うーん、このまま持ち帰ったら、私達、泥棒になっちゃいますよね」


困った。困ったのだが。


「のぼり旗とオモチャ銃は持ち帰る事にしよう。返したいのはやまやまだけど、店内に入る訳にもいかない。それに二人が持ってしまっているという事は、もう周りの人からは見えない存在になってると思う。


あれだけ、僕らが暴れたりゴーレムが踏み潰したりして、店内が散々散らかしたのに、ここから見る店内は、散らかした跡が全く無い。


君達とあのゴーレムに関する事は、綺麗さっぱり、普通の人の世界に認知されてない。


だから、多分、『あの状態の店内』の物と今の店内の物は無関係だよ。


お店の人には迷惑はかかってないさ。多分」


「・・・そうですか・・・そうですね。じゃあ、こののぼり旗は拝借させて頂きます。


家につくまで身を守る物は必要ですから」


「うん・・・。そうしないと、また、私達襲われたら、何も出来ないしね」


二人はうんうんと頷いた。


「・・・でも、カートは返しておこうか。これまで持っていくのは何か悪い気がする。


カートが無くなった代わりに、僕が家までおぶって行くよ。」


僕がそう言うと自称従兄弟は顔をパアアと輝かせ、


「本当ですか!!


じゃあ、お姫様抱っこでお願いします!


さっきの約束です!」


と、カートから身を乗り出し、僕に抱きついた。


「あー!ずるーい!!っていうか、約束って何!?」


話のかやの外に居る自称妹は頬をぷりぷり膨らませて怒った。


「いや・・・そのだな・・・


「さっき、ゴーレムと戦っていた時、この戦いが終わったらお姫様抱っこしてと約束していたんですよ!」


ふんすと鼻を鳴らしてドヤ顔になる自称従兄弟。


「んもー・・・


・・・まっ、仕方ないか。千歳さんは、今、歩けないもんね。仕方ない仕方ない。」


自称妹は少し納得いかなさそうな顔をしながら、渋々受け入れてくれた。


「すまんな。千尋ちゃん。」


一応謝る。


しかし、まあ、全くもって僕はモテモテである。こんなしょーもない事で、このうら若き乙女達は一喜一憂している。


いつからリア充になったんだか。


「いいよ、お兄ちゃん。・・・でも、後で、私も・・・その・・・千歳さんみたいな事してね!」


と自称妹は吹っ切れた様ににっこり笑った。


「ああ、勿論だ。」


僕が快諾すると


「やったー!」


と喜んだ。


「千尋さん、お兄さん、お借りしますね」


「ちゃんと返してね」


「ええっと・・・はい・・・?」


「何で、そこで、返事に困るのさ!」


と自称妹は自称従兄弟の頭にチョップをした。


女子学生が戯れてる姿は尊いねえ。


「では、お兄さん!」


くるん、と自称従兄弟は僕の方を向いて、そして、僕の目を見据えた。


「自宅まで、運んで下さいね。ちゃんと、お姫様の様に。」


自称従兄弟は笑っている。笑っているが、顔が真っ赤だ。


あっ・・・照れてるのか・・・。


「うん、分かった。しっかり捕まっててくれよな。」


と僕は自称従兄弟を抱っこすると、


自称従兄弟は「えへへ」と微笑んだ。


その後、カートを返して、自称従兄弟をお姫様抱っこしつつ帰った。


帰路の際、ゴーレムが出る事は無かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます