千手忍法帖(せんじゅにんぽうちょう)

作者 躯螺都幽冥牢彦(くらつ・ゆめろうひこ)

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 忍法 影撫(にんぽう かげなで)へのコメント

    躯螺都幽冥牢さん、こんばんは。

    前作に引き続き読了しましたので、こちらに感想を書かせていただきます(レビューは別途です)。


    まずは魅力的だった点から。

    ・読みやすくなっていた
     前作と比べ、格段に読みやすかったです。文から急かすような雰囲気がなくなって、キャラたちも深みが増していました。間違いなく筆者としてスキルアップしていらっしゃると思います。

    ・オチ
     次回作に繋げられるように纏められていたと思います。ちゃんと本作内での結末もつけられており、不完全燃焼感もありませんでした。全体的な構成力も上がっていると思います。

    ・千手丸の成長
     千手丸の精神面での若さが出ていて良かったです。いわゆる弟分、妹分な雰囲気があり、彼の成長は物語の柱の一本やキャラクターの魅力になっていました。


    続いて引っかかった点。

    ・言わなくても良いことを言っていた
     沙衛門が躯螺都と対峙した際に取った選択を後から説明口調で言い切ったのは、もったいなかったかと思います。あそこは言わずとも読者には伝わっているので、後から足されてしまうとクドく感じます。

    ・沙衛門の魅力
     前作主人公である沙衛門が死ぬ。というのは衝撃的な展開であったかもしれませんが、いかんせん彼の活躍が雑魚相手程度でしかないので、読者の情が沙衛門に向ききっていなかったかと。るいも同様でしたが、いまいちそのキャラが失われる喪失感が足りません。

    ・文末の『○○た』
     文末に『た』が連続して使われているところが多く見られました。読んでみるとブツブツと切れるような印象の文になり、物語中の流れが止まります。時制の一致だけでなく読みやすさも意識すると良いでしょう。ただし意識しすぎると反対に不自然な文になるので注意です。

    ・敵の背景
     今回は敵が七人と多い回でした。それぞれに特徴を付けられていたのは良いのですが、どうにもそれを活かしきれていなかったように思います。七人の背景を一度に処理するには、八万字では足りなかったかと。


    感想は以上です。


    全体的にレベルアップしたイメージです。文量は八倍でしたが、読みやすさはかなり緩和されていました。小説としての独自性もだいぶ濃くなったと思います。


    最後になりますが、今回は二作品も私の自主企画に参加してくださり本当にありがとうございました。

    躯螺都幽冥牢さんの今後の執筆活動がより良いものになることを祈って、このコメントを締めさせていただきます。失礼します。

    作者からの返信

    にとろげんさん、こんばんはb
    今回も感想と指摘を頂き、まことに恐縮です。
    やはり自分のチェックだけでは身内びいきみたいな感じで緩くなってしまう所があると思うので、とても参考になりました。
    また何かの機会がありましたら、企画に参加させて頂ければと思います。
    ありがとうございました!(`・ω・´)ゞ

    追記。
    言い忘れていました! 沙衛門の相手は雑魚ではないのですが、その辺りも更にきちんと描写出来る様になるべく、頑張ります(`・ω・´)ゞ

    2018年5月26日 23:21 編集済

  • 忍法 幻燈蝶(にんぽう げんとうちょう)へのコメント

    「春もチャンバラないと!!~WEB歴史時代小説倶楽部project vol.3~」にご参加ありがとうございます。

    雰囲気は重めでありながら、WEBでは好まれそうなライトな読感な伝奇時代小説、一話目の導入でがっちりハートを掴まれました。
    忍法を交えてのチャンバラ、お見事っ!登場人物や忍法の命名センスに膝を叩きました。

    (雰囲気は違いますが)ちょうど僕も忍者ものを書いているので、勉強になります!

    これからも読み進めますね!

    作者からの返信

    筑前さん、初めまして。
    『私のはこういうのだけれど、どうだろうか。厳密にはチャンバラじゃないかもしれないが(; ・`д・´)』
    と思いつつ、企画に参加させて頂きました。
    『千手忍法帖』、楽しんで頂けている様子でホッとしました。

    筑前さんの書かれている作品紹介である『筑前読書忍法帖』で拝見したのですが、私も小さい頃に『カムイ外伝』を読んだりアニメで見たりしていたので、『ムジナ』の紹介で
    『なるほど、ああいう感じの忍者か』
    と合点がいきました。
    お互いに楽しんで書きましょう!

    ではまた(`・ω・´)ゞ

    2018年4月10日 22:45