第370話

「ッで!私の何、観て、ぶっコイたのォ~😌☝✨💕💕」

 まだ容赦しない。ニノマエを困らせて愉しんでいた。


「え……? いや、あの……、『セクシークイーン姫乃がボクのお隣りさんだったら💓筆下ろしお願いしちゃいます パート5』…、ですけど……!!」


「あぁ…、アレねぇ! ふ~ン、良かった!?」


「はぁ、そうですね…😅💦💦」

 力なく笑った。




 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます