第344話 ふたりだけの秘密に

「な、なンだよ!」

 心臓が早鐘のように高鳴って

いた。

「も~、我慢できないの!」

「え?いや、あの………」


「ねぇ!わかるでしょ!!

 こんなに熱くなってるのよ!」


「ダ、ダ、ダメだって!ほら!

 階下(した)に人がいるから

 さぁ!!」

「大丈夫よ!ふたりだけの

 秘密にすれば、」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます