第342話

 目の眩むような香水の匂いが

オレの部屋に充満していった。

 一気に、身体中が熱くなり汗が

滲んできた。

「何よ!こんなに狼狽(うろた)えちゃって

 !!」

 耳許で艶(イロ)っぽく囁きかけてきた。

 ボクは、さらに画像を切り替えた。

 制服を着た美少女が学校の校舎

をボルタリングの要領で、

スルスルと昇っていくモノだ。



 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます