第267話

「あんたらが、早漏だろうと、

ど~~~でもいいのよ!」

 リオが怒鳴った。

「そんな……、ど~でも

いいワケじゃ……、」

 

「フフ、何なら、ノアもトミーも

二人まとめて、10秒で

昇天(イカ)せて、あげてよ!」

 姫乃は妖しく瞳を輝かせて、

オレのノド元を指で撫でた。

「うう………、」

 途端に、ゾクゾクしてきた。


「ノア君は、10秒でイッちゃう

かもしれないけど……、ボクは

………!!」

 富田は、不満を口にした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます