第210話 ナゾ解き 10

「おいおい、姫~……!

大丈夫なンだろうな。下手すると

、逆に、名誉毀損で訴えられるぜ

!!」

 オレは心配になった。

 

「フン、私が何の証拠もなしに、

容疑者扱いするはずがないでしょ

う!!」


「え?」咲希の顔色が変わった。


「ほら、見なさい。」

 とスマホの画像を見せた。

 この部屋で女性が何やら、物色

している後ろ姿が映っていた。

「あ!!」

 咲希は、声を上げ驚いた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます