第202話 ナゾ解き 2

「手嶋咲希さん!!」

「え?」

 咲希は、目を丸くして驚いた。


「あなたが、この部屋から小銭や

アクセサリーが、無くなッて

いるのを知らないはずがないン

です。」

 姫乃が決めつけた。


「な、ナゼですか?知りませんよ

!」


「いいえ、あなたがアクセサリー

を拝借していたンじゃないの!?

「な、ナゼですか?

何か、証拠があるンですか!!」





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます