第186話

「いや、逃げねぇって!すぐに、

通報しろよ!!」

 オレが突っ込んだ。


「だって、あたしって、血を

見るとダメなタイプじゃない?」

 

「知るかよ。ナンだ、そのご存知

、血を見るとダメなタイプって!

!」

「だって、レイプ犯が隠れてる

かもしれないのよ。

怖いでしょう!?」

 押川は辺りを見回した。


「う、」なるほど、そう言う

可能性もあるのか?

「そこ~!二人で、詰まらない

事、言ってンじゃないの~!!」

 リオに注意された。


「見なさいよ~!あんたの

所為で怒られたでしょう!!」

 押川はオレに文句を言った。

「な、オレだけの所為かよ。」




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます