第107話

 年輩の警備員も気の毒そうに、

こっちを見ていた。


「も~!ニノっち、アイドルの

マネージャーが、殺人事件の

容疑者なんて、あり得ないわよ。

」メグはあきれ返っていた。


「面目ない。でも、オレは、

犯人じゃないンだ!」


「チカンの次は、殺人だなんて?

この次は、何やる気なの?」

 杏璃が毒づいた。


「何にもやらないよ~!

って言うか。チカンも殺人も

やってねぇ~し!!」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます